メイン画像

東海地方は、明日12日は冷たい雨となるでしょう。13日(水)以降はしばらく晴天が続き、週後半は春本番の暖かさとなる見込みです。一気に春爛漫とはいかず、季節は行ったり来たりしそうです。その日の気温に合った服装で、寒暖差に対応しましょう。

明日12日は冷たい雨

画像A

週末の寒さは和らぎ、今日11日の東海地方は広い範囲で穏やかな晴天となり、日差しの暖かさが感じられました。
ただ、この後天気は下り坂で、今夜は曇り空に変わるでしょう。明日12日は、高気圧の中心は東の海上へ移動し、前線を伴った低気圧が本州南岸を東へ進む見込みです。

早い所では、明日12日未明から雨や雪が降りだし、夕方まで続くでしょう。岐阜県山間部や富士山周辺などでは、降り始めが雪の所も次第に雨に変わる所が多く、雪で降り続くのは標高の高いごく一部となりそうです。
低気圧周辺には暖かく湿った空気が流れ込み、雨雲が発達する見込みです。東海地方の沿岸部を中心に、日中に活発な雨雲がかかるため、南の地域ほど短い時間に強く降る雨に注意してください。
低気圧は足早に通過するため、明日12日夜は、天気が回復し晴れる所が多いでしょう。岐阜県山間部は天気の回復は遅く、雪に変わって積雪となる所がありそうです。

今週は日に日に気温上昇

画像B

13日(水)は、一時的に西高東低の気圧配置となり、その後は高気圧圏内となる日がしばらく続くでしょう。13日(水)以降、16日(土)頃まで広く晴れの天気が続く見込みです。
週後半になるほど気温が高く、平野部では最高気温が20℃前後まで上がる日もあり、4月中旬並みの暖かさとなりそうです。ただ、そのまま春爛漫とはいかず、季節は行ったり来たりするため、冬服はまだ残しておいた方が安心です。

日に日に気温が上がるため、岐阜県の山地は引き続き、なだれに注意してください。国土交通省によりますと、月別なだれ件数は2月をピークに、1月から3月に多くなっています。東海地方にもなだれ危険箇所が多く存在します。春先は全層なだれが起きやすいシーズンです。なだれはもちろん、屋根からの落雪などにも一層注意してください。

また、明日12日は雨のため花粉の飛散は抑えられますが、13日(水)以降は「非常に多い」飛散が続くでしょう。花粉症の方には辛い時期が続くため、万全な対策でお過ごしください。

雪崩(なだれ)の前兆に注意

画像C

なだれは時に、人命を奪いかねない危険な現象です。なだれには前兆となる現象があります。新潟県土木部砂防課によると、次のような現象が現れたときに、なだれの危険があります。

「雪庇」 山の尾根からの雪のはり出し。はり出した部分が雪のかたまりとなって斜面に落ちることによって、なだれにつながる危険があります。

「スノーボール」 斜面をコロコロ落ちてくるボールのような雪のかたまり。雪庇などの一部が落ちてきたもので、なだれにつながる危険があります。たくさんあるときは特に注意が必要です。

「クラック」 斜面にひっかきキズが付いたような雪の裂け目。積もっていた雪が緩み、少しずつ動き出そうとしている状態。その動きが大きくなると全層なだれが起こる危険があります。

「雪しわ」 ふやけた指先のような、しわ状の雪の模様。積もっていた雪が緩み、少しずつ動き出そうとしている状態。積雪が少なくても起こり、全層なだれが起こる危険があります。

そのほか、なだれ予防柵から雪がはり出していたり、斜面にもとの地形が分からないほど平らに雪が積もっていたりする場合にも、なだれの危険があります。
こうした現象が見られたときは大変危険ですので、絶対に近づかないようにしてください。

2週間天気後半:19日(火)~24日(日)

画像D

19日(火)以降、24日(日)頃までは広い範囲で天気が崩れる日はないでしょう。西高東低の気圧配置や高気圧圏内の日が多く、太平洋側の地域を中心に、おおむね晴れの天気が続く見込みです。一方、岐阜県山間部は、曇りや雪の日が続き、スッキリしないでしょう。

強い寒の戻りとなる日は今のところなさそうですが、北風が冷たく寒い日がありそうです。最低気温・最高気温ともに平年を少し下回る日が多いでしょう。朝晩はこの時期としては冷え込むため、まだまだダウンコートが活躍しそうです。また、日ごとの寒暖差、一日の中での寒暖差が大きいでしょう。調節しやすい服装でお過ごしください。