メイン画像

九州は、週末にかけて一時的に寒気の流れ込みが強まり、寒の戻りとなるでしょう。朝晩は冷え込みが強く、山沿いや内陸部を中心に遅霜のおそれがありますので、農作物の管理にご注意下さい。

今日8日~9日は冬型 冷たい季節風

画像A

今日8日は低気圧が次第に発達しながら、日本の東海上へ進むでしょう。大陸から高気圧が張り出し、冬型の気圧配置になる見込みです。9日(土)にかけて冬型の気圧配置で、九州付近は一時的に寒気の流れ込みが強まる見込みです。

今日8日の九州は概ね晴れますが、季節風が強まり、最高気温は九州北部で12度前後、九州南部で14度から15度など、各地で平年を下回り風が冷たくなるでしょう。
沿岸海上は北西の風が強く、波が高い所が多いですのでご注意下さい。

来週初めにかけて遅霜のおそれ

9日(土)も九州は晴れますが、九州北部では最高気温が10前後に留まり、冬の寒さでしょう。10日(日)は冬型の気圧配置は緩み、移動性高気圧が覆ってくるでしょう。このため、朝は放射冷却現象が強まり、強い冷え込みとなる見込みです。11日(月)朝も冷え込みが強いでしょう。山沿いや内陸部を中心に遅霜のおそれがあり、注意が必要です。
この冬は暖冬となり、例年より植物の成長が早まっているため、霜の影響を受けやすい見込みです。農作物の管理に十分ご注意下さい。