ハリー・スタイルズに基づいたアイドルとの恋愛を描く、アン・ハサウェイ主演映画『The Idea of You』予告編公開

 ワン・ダイレクションに続く新しいイギリスの5人組イケメンボーイズ・バンドが登場したようだ。映画『The Idea of You』の制作チームが初の予告編と、映画に登場する架空のティーン・ポップ・アイドル、オーガスト・ムーンのデビュー・シングルをリリースした。予告編では、アン・ハサウェイ演じる主人公が、ハリー・スタイルズにインスパイアされた20代のスーパースターと魅力的な恋愛を始めるシーンが映されている。

 現地時間3月6日に公開された予告編で、40歳のシングル・マザーであるソレーヌを演じるハサウェイは、【コーチェラ】のバックステージで24歳のヘイズ・キャンベルに偶然出くわす。ニコラス・ガリツィンが演じるキャンベルは、淡褐色の髪でタトゥーを入れた口が達者なキャラクターで、映画の説明によると、彼は“この星でで最もホットなボーイズ・バンド”、オーガスト・ムーンのリード・ボーカルだ。

 そこから、2人は世間からの批判を浴びながら、めまぐるしいロマンスを繰り広げる。予告編に登場する親密なシーンで、ソレーヌがヘイズに「他の人がどう思うだろう?」と尋ねると、「彼らが言うことなんて気にしない」とヘイズは答えた。

 予告編に加えて、オーガスト・ムーンが映画『The Idea of You』の劇中で披露した楽曲の一つ「Dance Before We Walk」が公開された。このアップテンポなダンス・トラックは、まるで2014年のポップ・ラジオから飛び出してきたかのようで、架空なグループが歌う「最近、ニュー・ダイレクションが必要だと思う」という歌詞も、今作をインスパイアしたワン・ダイレクションをオマージュしていると思われる。

 このシングルは、映画『The Idea of You』のプレミア公開に近い時期に米アリスタ・レコードからリリースされるオーガスト・ムーンの新作アルバムに収録される。映画は現地時間3月16日に【SXSWフェスティバル】で初公開され、その後5月2日にPrime Videoで配信される。

 映画『The Idea of You』はロビンヌ・リーが2017年に発表した同名小説を実写化した作品。この小説はコロナ禍に人気が急上昇し、多くのファンがすぐにオーガスト・ムーンとワン・ダイレクション、ヘイズ・キャンベルとハリー・スタイルズの共通点に注目した。リーは、ワン・ダイレクションとスタイルズがどのように彼女の小説にインスピレーションを与えたかを公言しているが、2020年に米ヴォーグ誌に「ハリー・スタイルズについての本にするつもりではなかった」と語った。

 「これは40歳に近づく女性が、伝統的に社会が女性を魅力的で成長できる完全な存在としてみなす時点で、彼女のセクシュアリティを取り戻し、自分自身を再発見する物語になるはずだった」とリーは続けた。