テイラー・スウィフト、最新ALのバリエーション第4弾“The Black Dog”をシンガポール公演で発表

 テイラー・スウィフトが、現地時間3月3日にシンガポールで開催した【The Eras Tour】の公演2日目に、次回作『ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント』の第4弾にして最後のバリエーションを発表した。

 発表はライブのサプライズ・ソングのコーナーで行われた。この時、彼女は『エヴァーモア』の「Long Story Short」と『スピーク・ナウ』から「The Story of Us」のマッシュアップを披露した。「Long Story Short」がライブで披露されたのはこれが初めてだった。

 観客に向かって彼女は、「誰も見たことのないものを皆さんに見せたくて」と述べてから、“The Black Dog”(黒い犬)と題された4つ目のバリエーションをお披露目した。ジャケットの表側にはテイラーが上向きに頭を抱えているモノクロ写真、裏面には“Old habits die screaming”(身についた癖はどうしても直らない)という言葉とともに、別の凛々しいポートレイト写真が掲載されている。『ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント』の“The Black Dog”バージョンは4月19日に発売予定だ。

 テイラーはカバー・アートの写真と共にインスタグラムに、「“Old habits die screaming...”ファイル名:The Black Dog[黒いハートの絵文字] ボーナス・トラック“The Black Dog”収録の“ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント”最後のニュー・エディションを、今すぐ私のウェブサイトで予約注文してください」と投稿した。彼女のサイトでの“The Black Dog”バージョンの予約販売は3月6日までとなっている。

 テイラーはすでにこのアルバムのバリエーションを3種類発表しており、“The Manuscript”、“The Bolter”、“The Albatross”と題されたそれぞれに異なるボーナス・トラックが収録されている。先月オーストラリアのメルボルンとシドニーで行われた公演で、“The Bolter”と“The Albatross”エディションが発表されていた。

 現地時間2月4日に行われた2024年の【グラミー賞】で<最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム>を『ミッドナイツ』で受賞した際、テイラーは次回作『ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント』を初めて発表した。その直後に彼女は、16曲の中心的な楽曲とフローレンス+ザ・マシーンやポスト・マローンとのコラボレーションをフィーチャーしているこのプロジェクトのトラックリストを発表した。