メイン画像

今日28日(水)の花粉飛散量は、九州で「非常に多い」、近畿で「多い」予想です。2日(土)には関東甲信でも「非常に多い」予想となり、3日(日)には九州から関東甲信の広い範囲で「非常に多い」でしょう。スギ花粉は3月上旬にピークを迎える所が多くなりそうです。

今日は九州で「非常に多い」

今日28日(水)は、太平洋側を中心に晴れて、日中の気温は昨日より高くなる所が多いでしょう。強い風は収まりそうです。

花粉の飛ぶ量は、九州で「非常に多い」予想となっており、近畿でも広い範囲で「多い」でしょう。中国、四国や東海、関東甲信は「やや多い」予想です。

関東も土曜は「非常に多い」 日曜は再び広範囲で大量飛散

画像B

明日29日(木)は曇りや雨で、花粉の飛散がおさえられる所が多いですが、1日(金)には日差しが戻る九州や近畿で「非常に多い」でしょう。関東甲信も3月2日(土)には「非常に多い」飛散が予想されます。3日(日)は九州から関東甲信の広い範囲で「非常に多い」飛散となるでしょう。

スギ花粉 ピークはいつからいつまで?

画像C

すでに九州や東海、関東の一部では、スギ花粉が非常に多く観測されている所があります。東京では花粉が大量飛散したときに見られる「花粉光環」が一昨日、昨日と連日、出現しています。

スギ花粉の飛散は3月上旬にピークを迎える所が多く、北陸や東北でもまもなく本格的な花粉シーズンに入るでしょう。

ピークの期間はおよそ10日から1か月近く続く見込みです。とくに、晴れて暖かい日や風が強い日は、花粉の飛散量が増えるので、万全な花粉対策を心がけて下さい。