メイン画像

3連休初日の明日23日(天皇誕生日)は、関東では午前を中心に雨が降り、雪が降る所もあるでしょう。内陸を中心に平地でも積雪になる所がありそうです。交通への影響や路面の凍結に十分ご注意ください。

3連休初日の明日23日 内陸を中心に平地でも積雪の所

画像A

明日23日(金・天皇誕生日)は前線は南下しますが、気圧の谷が通過する見込みです。上空には一時的に雪を降らせるほどの寒気が流れ込むでしょう。

明日の午前は所々で雨が降り、内陸を中心に雪の降る所があるでしょう。埼玉県など内陸の平地でも雪の積もる所がありそうです。

今日22日午後6時~明日23日午後6時までに予想される24時間降雪量は(いずれも多い所)、
埼玉県秩父地方  5センチ
群馬県山地    5センチ
群馬県平地    1センチ
栃木県山地    3センチ
栃木県平地    1センチ

また、神奈川県西部の山地(標高500メートル以上)では明日23日12時までの24時間降雪量(多い所)は、6センチが予想されています。車を運転される方は冬用タイヤを装備し、積雪による交通への影響や路面凍結に注意が必要です。
なお、東京23区では雨に雪がまじることがあっても、積雪にはならない見込みです。
雪にならなくても、濡れた路面が凍結するおそれがありますので、ご注意ください。

路面の凍結に注意

画像B

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると、凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。

(1)橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は、他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに、凍結しやすいので、かなり危険です。
(2)トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。
(3)交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。
(4)日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。

明日23日 午後は天気が回復 寒さ続く

明日23日の午後は、天気が回復に向かうでしょう。内陸を中心に晴れ間が広がってきそうです。

気温は朝からほとんど上がらず、明日の日中も真冬の寒さが続くでしょう。お出かけされる方は、厚手のコートにマフラーや手袋などで、寒さ対策をしっかりと行ってください。

24日はお出かけ日和 25日は再び雨や雪

画像D

明後日24日は、本州付近は次第に高気圧に覆われるでしょう。
関東では日差しがたっぷり届き、お出かけ日和になりそうです。最高気温は10℃を超える所もあり、日差しに少しホッとできるでしょう。ただ、朝晩はヒンヤリしますので、服装でうまく調節してください。

25日は南岸低気圧の影響で、次第に雨が降るでしょう。山沿いを中心に雪が降る所もありそうです。ただ、気温の下がり具合や低気圧のコースによっては雪の範囲が広がることも考えられます。最新の気象情報にご注意ください。