ヴィーガン、ニューALをひっさげた来日公演が決定

 自身が主宰するレーベル<PLZ Make It Ruins>から最新アルバム『The Road To Hell Is Paved With Good Intentions』を2024年4月5日にリリースすることを発表したヴィーガンが、ジャパン・ツアーで来日することが決定した。

 フランク・オーシャンやトラヴィス・スコットとのコラボレーションでも知られ、自らアーティスト、プロデューサー、デザイナー、レーベルオーナーとして活躍を拡張し続ける、ヴィーガンことジョー・ソーナリー。今回は、さらに進化した最新オーディオ・ビジュアル・ライブ・セットを2024年6月5日に東京・Liquidroomで、6月6日に大阪・Meta Valleyで披露する。

 なお、今夜24時には最新アルバムからの4thシングルとなる「A Dream Goes On Forever (feat. John Glasier)」が解禁される。

◎公演情報
【Vegyn Japan Tour 2024】
サポートアクト:TBC
2024年6月5日(水)東京・LIQUIDROOM
2024年6月6日(木)大阪・Meta Valley
チケット一般発売:3月9日(土)午前10時より
INFO: BEATINK

◎リリース情報
アルバム『The Road To Hell Is Paved With Good Intentions』
2024/4/5 RELEASE(国内盤CD&デジタル)
2024/5/24 RELEASE(輸入盤CD)