【先ヨミ・デジタル】宇多田ヒカル「何色でもない花」DLソング首位走行中 SPYAIR/『鬼滅』/Aimer映画曲が続々

 GfK Japanによるダウンロード・ソング売上レポートから、2024年2月12日~2月14日の集計が明らかとなり、宇多田ヒカルの「何色でもない花」が8,068ダウンロード(DL)を売り上げて現在首位を走っている。

 同曲は、現在放送中のTVドラマ『君が心をくれたから』主題歌として書き下ろされた楽曲で、集計初日の2月12日より配信がスタート。宇多田にとって23年ぶりの“月9”主題歌ということで主題歌発表時から話題を集めていた同曲だが、配信から3日間でCreepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」を抜く勢いをみせている。

 しかし、2位のCreepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」の売上は現在7,774DLで、1位との差は300DLに満たない。2月14日発表の総合ソング・チャート“JAPAN Hot 100”で3連覇、またダウンロード・ソング・チャートでは初の1位を達成した「Bling-Bang-Bang-Born」であるが、未だ勢いが衰えないどころか、先週の先ヨミ時点よりも売上を伸ばしている。

 3位には、3,070DLを売り上げた劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』主題歌である西川貴教 with t.komuro「FREEDOM」に。こちらは先週の先ヨミ時点とペースがほぼ変わっておらず、安定した売上を保っている。

 この他当週のトップ10には、映画『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』主題歌であるSPYAIR「オレンジ」(4位/2,960DL)や、映画『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ』スペシャル・エンディングであり、MAN WITH A MISSION×miletと椎名豪のコラボ曲「勝利の鳴動 ~絆ノ奇跡 & 竈門禰豆子のうたREMIX~」(5位/2,441DL)、映画『マッチング』主題歌のAimer「800」(10位/1,650DL)と、集計最終日の2月14日にリリースされたばかりの映画関連曲が続々と登場している。


◎Billboard JAPANダウンロード・ソング集計速報
(集計期間:2024年2月12日~2月14日)
1位「何色でもない花」宇多田ヒカル
2位「Bling-Bang-Bang-Born」Creepy Nuts
3位「FREEDOM」西川貴教 with t.komuro
4位「オレンジ」SPYAIR
5位「勝利の鳴動 ~絆ノ奇跡 & 竈門禰豆子のうたREMIX~」MAN WITH A MISSION×milet, 椎名豪
6位「アンビバレント」Uru
7位「晴る」ヨルシカ
8位「去り際のロマンティクス」See-Saw
9位「幾億光年」Omoinotake
10位「800」Aimer

※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となります。