メイン画像
メイン画像

あす2日の関東甲信は一日雨。特に、夜は広範囲で雨が強まり、滝のような降り方になる所がありそう。沿岸部を中心に風も強まり、交通に影響が出てくる可能性も。

あす2日 朝から本降りの雨 ピークは夜 風も強まり 横なぐりの雨の所も

あす2日(金)は、梅雨前線が本州付近に延び、活動が活発になります。
関東甲信は一日を通して雨で、朝晩を中心に降り方の強まることがあるでしょう。
特に、広い範囲で雨脚が強まるのは夜です。滝のような、非常に激しい雨が降るおそれもあります。川や用水路は、急に流れが速くなりますので、むやみに近づくことは大変危険です。また、沿岸部を中心に、傘が差せないほどの強い風の吹く所があり、横なぐりの雨となるでしょう。
道路や線路の冠水したり、強い風で電車が遅れたりと、交通に影響が出てくることも考えられます。
あすは、可能な限り、早めに帰宅すると良さそうです。

あさって3日にかけて 災害の危険度が高まるおそれ

画像B
画像B

あさって3日(土)も、午前を中心に雨で、特に未明までは活発な雨雲がかかるでしょう。
上の図にある通り、24時間降水量は、多い所で、2日18時までに200ミリ、その後、3日18時までに100ミリから150ミリと予想されています。
なお、東京都心の、6月の総雨量の平年値は167.8ミリ。今回、ひと月分に匹敵するか、場所によっては、それを上回るような大雨が降るでしょう。しかも、その雨の大半が、ピークの時間帯に集中的に降ることになりそうです。
土砂崩れなど、災害の危険度が高まるおそれがあります。
気象情報や、自治体からの避難に関する情報に留意しつつ、慎重な行動を心掛けてください。