スパイク・ジョーンズの長編最新作がアカデミー賞にて5部門ノミネート
スパイク・ジョーンズの長編最新作がアカデミー賞にて5部門ノミネート
この記事の写真をすべて見る

 スパイク・ジョーンズの4年ぶり長編最新作『her/世界でひとつの彼女』が1月16日(日本時間)に発表された【第86回アカデミー賞ノミネート発表会】にて5部門にノミネートされている。

 今回ノミネートされたのは作品賞、脚本賞、美術賞、歌曲賞、作曲賞の5部門。既に【ゴールデン・グローブ賞脚本賞受賞】では作品賞、主演男優賞、脚本賞の3部門にノミネート。更に声だけの出演で【第8回ローマ国際映画祭】で最優秀女優賞を受賞と各所で高評価を受ける本作。今回のアカデミー賞で何部門受賞するのか注目されている。

 授賞式は3月3日(日本時間)に行われる予定だ。

 出演はホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、そして主人公を魅了し、ときに翻弄する人工知能型OSシステム“サマンサ”にスカーレット・ヨハンソン。

◎映画公開情報
『her/世界でひとつの彼女』
2014年6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
info:http://her.asmik-ace.co.jp/

暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング