カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など
イラスト/カトリーヌあやこ
イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系 月曜21:00~)をウォッチした。

【カトリーヌあやこ氏による「ラジエーションハウス~」の画像はこちら】

*  *  *

 この時期、「平成最後」というフレーズが大安売りだ。そして「平成最後の月9」が本作。窪田正孝演じる放射線技師にスポットを当てたドラマだ。

 別に「平成最後」を意識したわけではないだろうけど、この作品、なんだか「平成ドラマはこうだった」パターンでいっぱいなのだ。

 まず初回時間延長。最近、ほんとに30分拡大とか多すぎ。次の番組にかぶりすぎ。最終回ならともかく、初回の延長はだいたいテンポが間延びする。

 で、タイトルの副題が長い。「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」とか、「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」とか。2時間ドラマの影響か? 説明せずにはいられない病か?

「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」なんて、そんなセリフはドラマの中で言ってくれ。

 そして映画音楽のような壮大なテーマ曲が流れ、タイトルバックが始まる。並木道の中央に、窪田を始め主要登場人物が横一列でドーン。あるある、見たことあるコレ。木村拓哉主演の「HERO」で。

 ちなみに本作は「HERO」と同じ鈴木雅之演出で、音楽も同じく服部隆之だ。ゆえに「いつかのフジテレビドラマ」感が、ノスタルジックにあふれ出てくる。

著者プロフィールを見る
カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など。

カトリーヌあやこの記事一覧はこちら
次のページ