「しまね留学」「ネコの健康管理」… 東大推薦入試に合格したスーパー高校生の素顔

週刊朝日
 3月10日に、東大一般入試の合格発表があったが、一足先に、東大推薦入試に合格した受験生たちがいる。3月1日号に続き、受験を決めた高校時代の思い出深い活動や、将来の夢を聞いた。

【写真】才色兼備! ミス東大はこちら

*  *  *
■化学を究め、世の中にないものを作りたい
東大理学部 通岡知輝さん 市川(千葉)

「白衣を着て、試験管を持って薬品を混ぜたり、顕微鏡を覗いたりする。物心ついた頃に見たアニメの科学者の姿に憧れ、科学者になりたいと思いました」

 小学生のときもずっと理科が好きで、市川中に入学すると化学部に入部した。

「高校では理系は週4時間化学の授業があり、約4割が実験。化学部でもほぼ毎日実験しました」と、実験に没頭する日々を送った。

 高1から高2にかけて、SSHの活動の一環で、反応のメカニズムを解明するための「化学発光振動反応」の研究に取り組んだ。その研究で、高2のときに高校化学グランドコンテストで全国2位の賞を受賞した。

 母がマレーシア人で、家庭では英語も使うため、英語が堪能。中3のときに英検準1級を取得し、高2のときTOEICで865という高スコアを獲得し、シンガポールで行われた「インターナショナル サイエンス ユースフォーラム」では日本代表として、英語で研究成果を発表した。

 中3から4年連続で化学グランプリに出場し、高3のときに銀賞を受賞した。

 推薦入試では、これらの研究発表会や各種科学コンテストでの実績と、英語能力をアピールした。

「有機化合物の新しい合成方法を研究し、世の中の役に立つ、新しいものを創りだしたい」と笑顔で将来の夢を語る。

■宇宙開発で人類を幸せにしたい
東大工学部 後藤愛弓さん 広尾学園(東京)

 小学生のころから理科や算数が好きで、中高一貫の広尾学園に入学。高校から医進・サイエンスコースに進んだ。

 高2のときの放課後は、週に3日バドミントン部で活動。そのほか、高1の文化祭で色素増感太陽電池について発表した後、「p型半導体を含む正極触媒を用いた色素増感太陽電池の高電圧化」の研究に取り組んだ。

「従来のシリコン型太陽電池と比べると、色素増感太陽電池にはコストが安いなど、さまざまなメリットがあるため、実用化を目指しています」

 この研究についてスタンフォード大学でプレゼンテーションし、つくばサイエンスエッジでは英語ポスター発表をした。

 太陽電池の研究と並行して、自主的に取り組んだのが「HP Mars Home Planet」という国際プロジェクトだ。

「『100万人の人間が、火星で生活する上で必要な建物や乗り物のアイデアを考える』プロジェクトに興味を持ち、同級生や部活の後輩を誘って、チームを作りました」

 色素増感太陽電池と鉛の層の外壁で放射線を防ぐピラミッドハウスを提案し、高3の春に国内大会で最優秀賞を受賞した。

「その後、東大推薦入試のアドミッションポリシーを読んだとき、東大に呼ばれているように感じ、挑戦するしかない、と思いました」

 東大の最大の魅力は「学際的な研究に取り組める環境」だという。

「東大ではエネルギー分野のほか他分野も横断的に学び、将来は宇宙開発にたずさわる研究者になりたいです」


■「しまね留学」で志した高齢化社会の都市計画
東大工学部 鈴木元太さん 津和野(島根)

 中1の春まで北海道釧路市や旭川市に住み、その後、父親の仕事で横浜市に引っ越し、高校受験をして、市内の進学校に進んだ。

「理科が好きだったので、高校生を対象とした北大SSP(Super Scientist Program)に応募。年に4~5回北海道内で開催されるスクーリングやウェブミーティングを通して研究に取り組みました」

 高1では5~6回、東日本大震災の被災地でのボランティアに参加した。

「ボランティアを通じて地域活性化などにも興味を持ちました。高校生のうちに地方を活性化する活動をしたいと考え、『しまね留学』することに決め、高校の寮に入りました」

 島根県では、19の県立高校が「しまね留学生」を受け入れている。鈴木さんが入学した津和野高校は1学年定員80人のうち約3分の1が県外出身者。東大の合格者が出たのは27年ぶりだ。

「地域活動をする部活『グローカルラボ』の部長になり、更地に農園を作ったり、地域イベントに参加したり……。アイデアを練って町のために活動できるのが楽しかったです」

 高2のとき、「竹で築こう」プロジェクトが、マイプロジェクトアワードしまね大会代表に選出された。

「近年は人口減少や高齢化で、放置竹林が問題になっています。竹の文化を残すために、竹を使ったワークショップやイベントなどを開き、竹の活用、啓発、整備などに取り組みました」

 北大SSPの研究は続け、高2の冬には米国の学会に参加し、東京で開催された国際北極研究シンポジウムでは、「北極圏トナカイの周遊経路変化の要因について」と題し、研究成果を発表した。

 この発表後、受験勉強を始め、無料の町営英語塾HAN-KOHと、動画授業の「スタディサプリ」を活用。町営英語塾では推薦入試の書類作成のアドバイスを受け、面接練習もした。

 東大で都市工学や建築について学び、将来は研究者になる夢を描いている。

■模擬国連で全国優勝。将来の夢は外交官
東大教養学部 渡邊玲央さん 桐蔭学園中教(神奈川)

 父がフランス人、母が日本人。日仏語を使いこなす。

「文化や風習が違う二つの国を見て育ったおかげで、子どものころから多角的な視座で国際問題を見ていたと思います」

 中3の秋に模擬国連部に入部。高1の夏には校内選抜に通り、アメリカの高校に5週間留学した。高2の秋に行われた全日本高校模擬国連大会では「ジェンダー平等」の議題でアラブ首長国連邦大使を務め、誰ひとり取り残さない姿勢が評価され、最優秀賞に輝いた。

 全国大会の優秀者が出場する国際大会では、南米ウルグアイの大使を担当し、安保理を想定した会議で「選挙監視」を巡る問題について討議した。

「世界各地から集まった高校生たちの思考プロセスや議論の進め方などが興味深く、有意義な経験だった。外交官に憧れていましたが、国際大会に出場してからその思いが強くなりました」

 教養学部では国際関係論を専攻する。各国の政治、文化や歴史について理解を深めるほか、英語とフランス語に磨きをかけ、勉学に励みたいと意気込む。

「外交官になり、日本の強みを生かした外交政策の在り方を追究し、世界と日本の架け橋を担いたい」

■SSHで研究した、ネコの健康管理システム
東大工学部 勝間田里菜さん 市川(千葉)

 中1の1学期まで中高一貫の市川中に通い、その後2年半、親の仕事の都合でオーストリアのインターナショナルスクールで学び、中3の3学期に帰国した。

「英語が上達し、いい経験になりました」

 高1のとき、東京理科大のGSC(グローバルサイエンスキャンパス)の基礎コースに応募し、受講。高1の夏には5日間のエンパワーメントプログラムに参加し、容器の底に圧力センサーをつけ、飲料の残量をスマホに知らせる「残量通知機能付きボトルキーパー」の研究をした。冬にはタイで行われたITの研究発表会に参加した。

 高2のときには、週1回、5~6時間目のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の活動時間にGSCの発展コースを受講し、東京理科大野田キャンパスの研究室でセンサーと機械学習の研究を続けた。

「ペットのネコの部屋に監視カメラを設置してネコの動きを観察しながら、首輪につけた加速度センサーと餌皿につけた圧力センサーのデータを分析し、ネコの健康管理システムを構築しました」

 この研究成果を「人工生命とロボットに関する国際シンポジウム」で、英語で発表し、Young Author Awardを受賞した。

 工学部の推薦入試の小論文課題は「工学分野の研究や開発によって、どのように食の価値を向上させられるか」を問う難問だった。

「農業従事者が減少していることに注目し、ベテランの農家が天気や温度などによって行っている農作業をマニュアル化するアイデアを考えました。面接では、二つの研究と英語力をアピールしました」

 東大でソフトウェアやハードウェアの開発に関する最先端の勉強をして、将来は広い視野を持ち、国際的に活躍できる研究開発者になりたいと考えている。

(文/庄村敦子)

※週刊朝日2019年3月22日号に加筆

サイトで見る
続きを読む