丸に中島、炭谷も獲得…巨人の「寄せ集め補強」に未来はあるか【西尾典文】

dot.
巨人・原辰徳新監督 (c)朝日新聞社

 なんとかAクラスは確保したものの、球団ワーストタイ記録となる4年連続優勝を逃す結果に終わった巨人。シーズン終了を待たずに高橋由伸監督は辞任を発表し、切り札とも言える原辰徳監督が三度目の就任となった。監督を務めた12シーズンで7度のリーグ優勝、3度の日本一に輝いており、Bクラスはわずかに1回という成績から、その手腕に強い巨人復活を期待するファンも多い。

 しかし、このオフの巨人の動きを見てみると、過去数年の失敗を繰り返しているように見える。そこで今回はここまでの巨人の補強の問題点と、復活のために必要なポイントについて考えてみたいと思う。

 このオフの迷走のスタートは現場以外の人事だった。10月11日、成績低迷を理由に昨年6月に就任したばかりの鹿取義隆GM(ゼネラルマネージャー)の退任と、こちらも昨年就任したばかりの岡崎郁スカウト部長の異動を発表したのだ。GMの仕事はチームの編成全般にわたるものであり、就任して数カ月で結果の出るものではない。それにもかかわらず、これだけの短期間で交代させるということ自体がまず異常と言わざるを得ない。

 また、チーム編成において最も重視すべきドラフト会議を前に、編成の責任者二人が直前に交代するというのも異例のことである。その影響はドラフト指名結果にも如実に表れた。根尾昂(大阪桐蔭→中日)、辰己涼介(立命館大→楽天)を抽選で外した後に方針転換して大学生サウスポーの高橋優貴(八戸学院大)を指名。高橋は好調時には目を見張るようなピッチングを見せるが安定感には乏しく、1位で指名するには博打的な要素の強い選手である。左右問わず先発投手は欲しいところだが、この時点では他にもスケールの大きい投手が残っており、左投手にこだわった理由もよく分からない。2位以下は全員高校生を並べたが、全体的に未完の大器タイプが多く、全員それぞれ順位が一つか二つ高い印象だった。

 ドラフト後にはすっかりおなじみとなった他球団で実績のある選手集めを断行。その第一弾となったのがオリックスを自由契約となった中島宏之だった。西武時代は打率3割を6回マークし、4度のベストナインと3度のゴールデングラブ賞を受賞するなど、まさにリーグを代表する内野手だったが、2年のマイナーリーグ生活を経て2014年にオリックスに入団した後の4年間の成績は1年平均95安打、8本塁打、44打点、打率.273と推定年俸3億5000万円の期待からはかけ離れた数字に終わった。

 巨人はその中島に年俸1億5000万円(推定)で1年契約を結んだと発表したが、オリックスでのプレーぶりと来年で37歳という年齢を考えると、高額年俸に見合うだけの成績は期待できないだろう。また、なによりチームの若返りを図って昨年オフに村田修一を自由契約にした方針と大きな矛盾が生じており、巨人ファンの間でも疑問の声が上がっているほどだ。

 中島獲得から4日後の11月26日には西武からFA(フリーエージェント)となった炭谷銀仁朗の獲得を発表。推定年俸は3年総額6億円と報じられた。今年の巨人の捕手は小林誠司がレギュラーシーズン95試合、大城卓三が36試合、宇佐見真吾が12試合で先発マスクをかぶっている。小林は3年連続でリーグトップの盗塁阻止率をマークしているようにその肩はリーグ屈指の存在。打撃面とリード面が物足りないと言われているが、炭谷の打率、出塁率の通算成績はいずれも小林を下回っている。

 また、宇佐見(2015年4位)、岸田行倫(2017年2位)、大城(2017年3位)と貴重なドラフトの枠を使って獲得した三人の伸び盛りの捕手の出場機会は確実に減り、選手としての“旬”を逃す可能性は極めて高くなった。大金をはたいて飼い殺しの選手を増やしたと言われても仕方ないだろう。

 そして11月30日、このオフのFA最大の目玉である丸佳浩が巨人入りを表明した。今シーズン規定打席に到達した外野手が亀井善行だけであり、長野久義、陽岱鋼と他のレギュラークラスも高齢化している現状を考えると、この補強が来シーズンはプラスに働くことは間違いない。

 ただ、それでも長期的に見ると良い面ばかりでもない。石川慎吾、重信慎之介、立岡宗一郎といった中堅クラスの選手の出場機会が減り、世代交代が進まないことが一つ。そして炭谷、丸と二人のFA選手を獲得したことによって人的補償での選手流出も大きな痛手になるのだ。人的補償のプロテクト枠は28人だが、実績のある選手が多い巨人でこれからの成長が期待される有望な若手選手が漏れることは大いに予想される。

 投手では貴重なサウスポーである中川皓太、池田駿、大江竜聖、野手では実績のある山本泰寛、二軍の主力である和田恋、松原聖弥などが外れる可能性もある。2013年オフに広島から大竹寛を獲得した際には一岡竜司が人的補償で移籍し、今では完全に一岡の方がチームにとって欠かせない存在となっている。今回のFAでも“第二の一岡”が西武、広島に流出することも十分に考えられるだろう。

 では、巨人はどのような道を目指せば復活を遂げることができるのだろうか。それにはやはり原監督がかつて行ったような積極的な若手の抜擢と育成が欠かせない。二度のリーグ三連覇を達成した第二次政権では小笠原道大、ラミレス、村田修一、杉内俊哉などの外様の選手の活躍もあったが、ドラフト上位で獲得した坂本勇人、長野、内海哲也、西村健太朗、澤村拓一、菅野智之がしっかり戦力となり、また山口鉄也、松本哲也といった育成出身の選手も見事な活躍を見せていた。今シーズンのレギュラー陣を見てもその遺産で戦っている印象が強く、生え抜きで中心選手にとなっている新しい力は岡本和真くらいしか見当たらない。岡本に次ぐ新戦力を発掘し、育てることが覇権奪回には必要不可欠であろう。

 最初の監督就任時には43歳だった原監督も来年で61歳を迎える。年齢を考えても長期政権の可能性は低く、このオフの補強を見ても早期に結果を残すことが求められているがゆえの焦りが見え隠れするのが現状である。再び強い巨人を復活させるためには自分が監督を退いた後にチームが黄金期を迎えるくらいの気持ちが必要ではないだろうか。我慢が必要な若手の抜擢、時間のかかる選手の育成にどこまで本腰を入れて取り組めるかに注目したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。