車いすでパリのランウェイへ 平林景が目指すオシャレという名の自由

AERA
ひらばやし・けい/日本障がい者ファッション協会代表理事。美容師、美容専門学校教員、発達障害児向けフリースクールの運営を経て児童福祉事業を行う会社を設立/【左】前開きのbottom’allに北斎の浮世絵をモチーフにした西陣織でつくった羽織を合わせた。平林さんは「ファッションは自由」と語る (photo 丘滉平 日本障がい者ファッション協会提供)

 時に車いすに座り、時に仁王立ちする巻きスカート姿の男性の写真が、最近SNSを賑わせている。コンセプトは老若男女誰でも着られて、障害がある人でも着脱しやすく、かっこいい服だ。日本障がい者ファッション協会理事の平林景さんが語った。AERA 2022年2月21日号から。

【写真】おしゃれで最高にかっこいい!障害がある人でも着脱しやすいスカートやジャケットがこちら

*  *  *

――2019年に一般社団法人日本障がい者ファッション協会を立ち上げた平林景さん(44)は、ユニバーサルデザインをアップデートする服を次々と世に打ち出してきた。付いた二つ名は「福祉業界のオシャレ番長」。今年秋には、自らが手がけた巻きスカート「bottom’all(ボトモール)」を引っさげてパリに挑む。

 平林さんが代表理事を務める日本障がい者ファッション協会のテーマは「世界中の全ての人が、オシャレという名の自由を」。どんな思いを込めたのか。

平林:もともと根底にあったのは、福祉や障害に対する「薄暗い」「かわいそう」というイメージを変えたいという思いでした。私自身デコボコの発達特性があり、大人になってからADHD(注意欠陥・多動性障害)の診断を受けた当事者のひとりです。だから、他人ごとじゃない。暗いイメージを変えたくて、「福祉×オシャレで世の中を変える」と公言するようになりました。

■オシャレ封印した

平林:でもあるとき、車いすユーザーの方から「オシャレか、ええなぁ。でも、その気持ちは封印した」という話を聞いたんです。最初、それが理解できなかった。オシャレは自由です。自分が思うように好きにやればいい。なぜ封印するのか不思議でした。よく聞いてみると、車いすユーザーの方はそもそも試着室に入れなかったり、着てみたいなと思う服があってもひとりじゃなかなか着られなかったりすることを知りました。車いすユーザーが簡単に着られるオシャレな服があまりにも少なくて、その人は「自分の欲求のために人の手を煩わせるのが申し訳ないから、オシャレしたい気持ちを封印した」と。誰でも、例えば車いすの人でも簡単に着脱できて、オシャレなものがたくさんあればそんな感情にならなくてもいいはず。ないなら作ってみようと考えて、服作りを始めました。

bottom’allと車いすに乗っても裾がクシャクシャにならない短い丈のジャケットを合わせた「ニューフォーマル」(photo 日本障がい者ファッション協会提供)

――こうして生まれたのが、巻きスカート構造の「bottom’all」。目指したのは、「車いすユーザーのための服」ではなく、誰もが穿きたくなる服だ。

平林:障害がある人のためだけの服は、パイも少ないし流行りません。広がらなければすたれていく。だから、誰もがアクセスできる服を目指しました。巻きスカートは着脱が簡単です。例えば車いすユーザーの方がトイレに行ったとき。巻きスカートなら、脱いで、車いすの上に広げたまま自分はトイレに移って用を足して、また広げた服の上に座って巻き直すだけでいい。当事者からは、「ベッドに広げて、寝たまま着替えられる」という話も聞きます。

 もちろん、デザインも普通の巻きスカートそのままではなくて、ジッパーやボタンで前開きできるようにしたり、車いすに座ったときでもきれいに見えるように前側を少し長くしたり、工夫しています。「男性がスカート」というと抵抗がある人もいるでしょうが、それだってただの偏見だし、要は袴(はかま)と同じ構造と考えればそれほどおかしくない。bottom’allは手伝ってくれていた学生の提案で決まった名前ですが、「すべての人のためのボトム」という意味です。

■当事者の声きっかけ

――ほかにも、「腕に麻痺があっても袖を通しやすいジャケット」「車いすでも着脱しやすい着物」などさまざまな服をつくってきた。製作のきっかけは。

平林:どれも、当事者の方の声がきっかけになっています。腕に麻痺がある方に「オシャレな服に袖を通せなくて悔しかった」と聞いてジャケットをつくったり、「着物の脱ぎ着ができずにトイレに行けないから、成人式で振り袖は諦めた」という女性の声を聞いて、車いすでも簡単に脱ぎ着できる着物をつくったり。規約上、詳細は公表できませんが、この着物は昨年の東京オリンピック・パラリンピック関連でも使われました。

 服をつくるときには、「もともとあるデザインにどう機能性を入れていくか」という作り込みを考えています。これまでのユニバーサルデザインでは機能を先に考えた結果、「機能性はいいけれどダサい」ものになってしまうことがよくありました。私たちが目指すのは「ネクストUD」。ユニバーサルデザインをアップデートしたいですね。

腕に被せるだけで袖に見え、スナップボタンを留めて本当に袖をつくることもできるジャケット。腕に麻痺があっても簡単に着られる(photo 日本障がい者ファッション協会提供)

――平林さんを含め、日本障がい者ファッション協会は理事6人全員が別に本業を持ちながらの運営だ。だが、関西圏の市長が公の場でbottom’allを穿くなど、輪は広がりつつある。

■最高にかっこいい服

平林:僕自身は児童福祉事業をやる会社を運営していて、日本障がい者ファッション協会では誰も役員報酬を受け取っていません。最近、働きたいという連絡もよくいただきますが、常勤職員はひとりもいません。でも、「ボランティア」という意識はない。世の中を変えるおもしろい「箱」にするつもりでやっています。賛同してくれる人や、bottom’allのファンになってくれる方も増えてきました。私たちの地元・関西の首長さんにもよくプレゼンさせてもらっています。最初に大阪府茨木市の市長さんが講演会で穿いてくれて、そこからいろいろな市長さんらを紹介してもらいました。企業協賛なども含めて、私たちの理念に共感してくださる方の支援に支えられています。

――団体設立時から「車いすでパリコレ」を一つの目標に掲げてきた。

平林:もともと、「車いすの人がパリコレのランウェイに上がったことがない」という話を聞いたのが、日本障がい者ファッション協会設立のきっかけでもありました。すべての記録を完璧に調べられたわけではありませんが、調べられる範囲では確かにパリコレに車いすの人が出た記録は見つかりません。衝撃的でした。これだけ多様性が広まってきているのに、そんなことがあるのかと。だったらその現実を自分たちで変える。今秋、パリコレ期間中にファッションショーをするため、すでにパリの会場を仮押さえしています。

 僕は「障害者でもオシャレができるよ」って考え方は大嫌いです。福祉の暗いイメージを壊すためにも、最高にかっこいいものを目指します。ファッションがおもしろいのは、見た瞬間、1秒で、理屈抜きで価値観を覆せること。ランウェイにのぼった瞬間にこれまでの価値観がすべてひっくり返るようなかっこいい服をお見せします。そして、パリは目的ではないし、ゴールでもない。そこから先につなげていくことが何よりも大切だと思っています。

(編集部・川口穣)

AERA 2022年2月21日号