目や口元、つめなどのメイクが、小学生の間でも広がっています。しかし子どもの肌は大人と違ってデリケート。かぶれなどのトラブルを起こすこともあり、注意が必要です。子どもの肌トラブルに詳しい皮膚科医の岡村理栄子医師に話を聞きました。

MENU 子どもの肌は薄くてデリケート 色付きリップクリームも注意が必要

子どもの肌は薄くてデリケート

――小学生から、アイメイクなどのメイクや、マニキュアなどをする子もいます。肌への負担は?

 お母さんがメイクをする姿を見たり、七五三でメイクを経験したりしたのを機に、メイクに関心を持つ子どもは少なくありません。今は10代向けの雑誌などでメイクが特集されていたり、小学生をモデルにしたメイク動画がアップされたりしています。こうしたメディアの影響もあって、「自分もやってみたい」と思うのはやむを得ないことかもしれません。

 ただ皮膚の健康を考えると、子どものころからメイクをするのは問題があります。子どもは大人よりも化粧かぶれなどの肌トラブルを起こしやすいんです。私が開業している皮膚科の医院では化粧かぶれで受診してくるのは中学生以下が多く、低年齢化して、小学校低学年も増えています。目の周りが赤いとかかゆいとか、「症状」を訴えて受診した子によくよく話を聞いてみると、「実は化粧品が原因だった」というケースも少なくありません。 

――「化粧かぶれ」とはどのような状態のことですか?

 化粧かぶれは、刺激物質や特定の物質が皮膚に触れたときに起きる「接触性皮膚炎」の一種です。化粧品に含まれる成分が原因で赤みやはれ、ブツブツ、水ぶくれ、かゆみ、痛みなどの症状があらわれます。接触性皮膚炎は、原因物質が肌に触れて刺激を与えることで炎症を起こす「刺激性接触皮膚炎」と、原因物質に接触したときにアレルギー反応が起こる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。

著者 開く閉じる
熊谷わこ
熊谷わこ
NEXTなぜ子どもは化粧かぶれを起こしやすい?
1 2 3