昭和の「神戸」を彩った緑の路面電車が「東洋一」とまで謳われた納得の理由

路面電車がみつめた50年前のTOKYO

AERAオンライン限定

2019/08/31 07:00

 鉄道写真家の諸河久さんが路面電車を撮影するようになったのは56年前の高校生の頃。この時代にカメラなどの大きな機材を背負って全国をめぐるようになった。およそ半世紀前の観光地や地方都市を走った路面電車と街並みは、東京とは異なる文化と土地柄が写し出されていて味わい深い。前回に引き続き夏休み特別編として、諸河さんが高校や大学の学生時代に撮影した約50年前の観光地や都市部の貴重な写真をお届けする。今回は、戦前にロマンスカーやトラムガール(女性車掌)を導入して「東洋一の路面電車」と謳われた神戸市交通局(以下、神戸市電、市電)の路面電車だ。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す