食品業界「3分の1ルール」緩和へ 食品ロス削減以外の効果とは

2022/12/24 08:00

 物価高が深刻化するなか、食品業界の「3分の1ルール」の見直しに改めて注目が集まっている。値上げの緩和効果も期待できるという。AERA 2022年12月26日号より紹介する。

あわせて読みたい

  • 通常品より人気あり? 自動販売機で食品ロスをお得に減らす取り組みが「三方よし」

    通常品より人気あり? 自動販売機で食品ロスをお得に減らす取り組みが「三方よし」

    AERA

    7/18

    なぜ日本の食品ロスは多いのか、理由は食品業界のある慣習

    なぜ日本の食品ロスは多いのか、理由は食品業界のある慣習

    AERA

    12/5

  • 「食品ロス」の一因は「3分の1ルール」 日本の悪しき習慣とは?

    「食品ロス」の一因は「3分の1ルール」 日本の悪しき習慣とは?

    週刊朝日

    3/28

    「賞味期限切れ食品はいつまで食べられるか」その答えを出す

    「賞味期限切れ食品はいつまで食べられるか」その答えを出す"ある計算式"

    プレジデントオンライン

    6/15

  • 賞味期限が近付いている食品を買ったほうが良いって本当?

    賞味期限が近付いている食品を買ったほうが良いって本当?

    BOOKSTAND

    1/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す