国民年金支払い延長「45年化」で追加負担は約100万円 受給額は増えるが目減りはする

2022/11/16 08:00

 国民年金の「45年化」に動揺が広がっている。負担増と受給水準確保のバランスをどう図るか。国の意図と仕組みを理解する必要がある。AERA 2022年11月21日号より紹介する。

あわせて読みたい

  • 基礎年金「2~3割」目減りの可能性、給与が少ない会社員にも影響 老後に働く必要も

    基礎年金「2~3割」目減りの可能性、給与が少ない会社員にも影響 老後に働く必要も

    AERA

    8/24

    本当に最後の値上げ? 公的年金「100年安心」改革で負担増

    本当に最後の値上げ? 公的年金「100年安心」改革で負担増

    AERA

    11/1

  • 世帯分離、医療費控除、税金を取り戻す15の方策

    世帯分離、医療費控除、税金を取り戻す15の方策

    週刊朝日

    11/14

    75歳まで我慢すれば84%増になるが…お金のプロがあえて「66歳から年金受給」をオススメする理由

    75歳まで我慢すれば84%増になるが…お金のプロがあえて「66歳から年金受給」をオススメする理由

    プレジデントオンライン

    5/31

  • 「もうすぐ定年」でも大丈夫! 年金額を増やす3つの方法をプロが解説

    「もうすぐ定年」でも大丈夫! 年金額を増やす3つの方法をプロが解説

    dot.

    3/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す