iDeCoの「受取時」に課税される人・されない人の違いをズバリ!

AERAマネー

2022/11/13 11:00

 節税効果が高く運用益が「非課税」といわれるiDeCo(個人型確定拠出年金)。実は、退職金や年金が高額な人は最後に非課税で受け取れない場合があることをご存じだろうか。「AERA Money 2022秋冬号(アエラ増刊)<iDeCoの基本>」から、iDeCoの税金に関する記事をお届けする。

あわせて読みたい

  • iDeCo受け取り時の「税金タダ」はいくらまで? ボーダーライン早見表!

    iDeCo受け取り時の「税金タダ」はいくらまで? ボーダーライン早見表!

    AERA

    11/27

    iDeCo「受取時」の税金に注意! 65歳の受け取り方で大差

    iDeCo「受取時」の税金に注意! 65歳の受け取り方で大差

    AERA

    10/1

  • iDeCoの「一括受け取り」税金いくら取られる? 税理士が詳細に試算してみた

    iDeCoの「一括受け取り」税金いくら取られる? 税理士が詳細に試算してみた

    AERA

    11/26

    iDeCoの分割受け取り 「年金タイプ」で受け取ると税金はいくら?

    iDeCoの分割受け取り 「年金タイプ」で受け取ると税金はいくら?

    AERA

    11/30

  • 「ほったらかし」でも1500万円貯まる! その方法とは?

    「ほったらかし」でも1500万円貯まる! その方法とは?

    週刊朝日

    3/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す