都電荒川線、函館市電など路面電車「流し撮り」 プロの鉄道写真家がこだわる3つの“秘訣”

路面電車がみつめた50年前のTOKYO

AERAオンライン限定

2022/08/06 07:00

 1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。前回は坂路を利用した「浮かし撮り」の話題を紹介した。今回から路面電車の走行感を強調する鉄道写真の代表的なテクニックである「流し撮り」のノウハウを解説しよう。

あわせて読みたい

  • 111年の歴史を誇る京都「嵐電」 46年前の太秦に古都を美しく魅せる路面電車
    筆者の顔写真

    諸河久

    111年の歴史を誇る京都「嵐電」 46年前の太秦に古都を美しく魅せる路面電車

    AERA

    1/16

    「こだまに乗れば写真がうまくなる!」 鉄道写真家が“鍛錬”から学んだ撮影法とは?

    「こだまに乗れば写真がうまくなる!」 鉄道写真家が“鍛錬”から学んだ撮影法とは?

    dot.

    2/26

  • 兼六園の脇を路面電車が走っていた55年前「金沢」 市民の足だった青電車はなぜ消えた?
    筆者の顔写真

    諸河久

    兼六園の脇を路面電車が走っていた55年前「金沢」 市民の足だった青電車はなぜ消えた?

    AERA

    12/28

    【実機レビュー】キヤノン「EOS 90D/EOS M6 MarkII」APS-C一眼レフ&ミラーレスも約3250万画素に 

    【実機レビュー】キヤノン「EOS 90D/EOS M6 MarkII」APS-C一眼レフ&ミラーレスも約3250万画素に 

    dot.

    11/12

  • もう迷わない!「露出」の決定方法

    もう迷わない!「露出」の決定方法

    dot.

    6/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す