プーチン“大帝”の夢想 ロシアを大国に変貌させた「ピョートル大帝」への崇拝

ウクライナ

2022/06/25 08:00

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が6月12日の「ロシアの日」に演説した。注目されたのは、18世紀のピョートル大帝の名前を出したことだった。 AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • プーチン大統領「ロシアの日」に動きなし 次の節目は11月4日「民族統一の日」か?

    プーチン大統領「ロシアの日」に動きなし 次の節目は11月4日「民族統一の日」か?

    AERA

    6/26

    「二股外交」が仇? 北方領土問題が進まぬ理由

    「二股外交」が仇? 北方領土問題が進まぬ理由

    週刊朝日

    10/22

  • なぜロシアはウクライナにこだわるのか? 欧米との緩衝地帯だけではない理由

    なぜロシアはウクライナにこだわるのか? 欧米との緩衝地帯だけではない理由

    AERA

    2/9

    「ゴルバチョフ氏の愚は繰り返さぬ」鈴木宗男氏が語るプーチン大統領の論理

    「ゴルバチョフ氏の愚は繰り返さぬ」鈴木宗男氏が語るプーチン大統領の論理

    AERA

    3/7

  • ダメ大統領から覚醒…ゼレンスキーは“暴走”プーチンを止められるのか

    ダメ大統領から覚醒…ゼレンスキーは“暴走”プーチンを止められるのか

    週刊朝日

    3/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す