大量の食べ吐き、飲酒…“サバイバー”夫が歩んだ壮絶な20年 家族が苦しむ「すき間」とは

2022/06/11 11:00

 およそ20年、朝日新聞記者・永田豊隆氏は、精神疾患を抱えた妻の介護と仕事の両立に悩み続けた。日本は世界的にみて精神科病床数が多いが、精神障害者が地域で暮らす支えが十分ではない。家族にのしかかる負担について、介護当事者である永田氏が綴る。AERA 2022年6月13日号から。(前後編の前編)

あわせて読みたい

  • 「私みたいな人の力に」摂食障害、アルコール依存から認知症へ 精神障害を生きる妻の願い

    「私みたいな人の力に」摂食障害、アルコール依存から認知症へ 精神障害を生きる妻の願い

    AERA

    6/12

    5月号書評家 東えりか Azuma Erika貴重な当事者たちの声

    5月号書評家 東えりか Azuma Erika貴重な当事者たちの声

    5/10

  • 摂食障害、アルコール依存症、認知症…妻の介護を綴ったルポ出版 著者の願いは?

    摂食障害、アルコール依存症、認知症…妻の介護を綴ったルポ出版 著者の願いは?

    週刊朝日

    6/2

    一人前になるまで10年… 精神科医に必要なものとは?

    一人前になるまで10年… 精神科医に必要なものとは?

    dot.

    5/2

  • 宅間守はなぜ自ら入院したのか?

    宅間守はなぜ自ら入院したのか?

    週刊朝日

    6/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す