中国の塾産業が“消滅”し大量失業 一方で「早く死んで早く生を得たほうがいい」と政策支持する声も

2022/01/23 09:00

 中国で隆盛を極めた塾業界が、政府からの通達一つで事実上消滅した。塾産業に従事した人々は苦境にあえいでいるが、一方でこの政策を支持する人もいる。AERA 2022年1月24日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 中国芸能人が次々に「落馬」、ファン活動も制限 “ハード”な締め付けにも人々は無関心?

    中国芸能人が次々に「落馬」、ファン活動も制限 “ハード”な締め付けにも人々は無関心?

    AERA

    1/24

    難関校に強い塾が良いとは限らない? わが子にベストな塾の選び方

    難関校に強い塾が良いとは限らない? わが子にベストな塾の選び方

    週刊朝日

    6/15

  • 【「本屋大賞2017」候補作紹介】『みかづき』――昭和~平成の

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『みかづき』――昭和~平成の"塾業界史"を描いた感動作

    BOOKSTAND

    3/21

    校長先生が塾代捻出で運命を切り開いてくれた 三橋克仁・マナボ社長

    校長先生が塾代捻出で運命を切り開いてくれた 三橋克仁・マナボ社長

    AERA

    7/2

  • 「“普通”が難しすぎる」「一生働いてもかなわない」 中国で疲弊した若者が「寝そべり族」や「内巻」に

    「“普通”が難しすぎる」「一生働いてもかなわない」 中国で疲弊した若者が「寝そべり族」や「内巻」に

    AERA

    7/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す