エコ先進国のドイツ、電力の4割以上が再エネ 脱原発まであと1年「早くやることが大切」

2021/12/03 08:00

 ドイツが国内の原発を廃止する2022年末まで、あと1年と迫っている。欧州連合(EU)で原発活用の機運が高まる中、乗り越えるべき課題は少なくない。AERA 2021年12月6日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 7千基のバイオマス発電所も 「脱原発」ドイツの実態

    7千基のバイオマス発電所も 「脱原発」ドイツの実態

    週刊朝日

    10/12

    鍵握る小泉純一郎&進次郎 電力自由化で脱原発シナリオ

    鍵握る小泉純一郎&進次郎 電力自由化で脱原発シナリオ

    週刊朝日

    10/22

  • FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    週刊朝日

    10/11

    "原発ゼロの夏"に考える、これからのエネルギー社会

    BOOKSTAND

    7/18

  • 太陽光発電、年間2.4兆円の国民負担も…コスパが悪すぎる実態

    太陽光発電、年間2.4兆円の国民負担も…コスパが悪すぎる実態

    週刊朝日

    3/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す