薬物使用者を貶め、“フラストレーションの生贄”に…日本社会のもつ異様さ 世界に逆行する大麻「使用罪」制定の動きも

2021/07/17 08:00

 国が大麻の「使用罪」創設に向け動き始めた。使用する個人の摘発強化が、本当に社会の「安心・安全」につながるのか。薬物問題の真の解決に取り組む人たちが、「取り締まる側の論理」に異議を唱えている。AERA 2021年7月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 国母和宏被告が「14歳から吸っていた」大麻 医療現場からは「議論すべき」の声も

    国母和宏被告が「14歳から吸っていた」大麻 医療現場からは「議論すべき」の声も

    dot.

    1/8

    コロナの罰則…日本社会で強まる「厳罰主義」 自ら“警察”をやるのは「問題」の風潮も

    コロナの罰則…日本社会で強まる「厳罰主義」 自ら“警察”をやるのは「問題」の風潮も

    AERA

    4/3

  • マイクロソフトが大麻の流通支援? 日本でも盛り上がる「大麻解禁論」の“賛否”

    マイクロソフトが大麻の流通支援? 日本でも盛り上がる「大麻解禁論」の“賛否”

    dot.

    6/30

    「多幸感生み出す」ブラウニー? 大麻合法化に賛否が問われる

    「多幸感生み出す」ブラウニー? 大麻合法化に賛否が問われる

    AERA

    1/13

  • 丸山ゴンザレスが大麻“合法化”の米国を歩く
    筆者の顔写真

    丸山ゴンザレス

    丸山ゴンザレスが大麻“合法化”の米国を歩く

    dot.

    10/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す