メーガンさんにくすぶる盗作疑惑、「家族を壊してばかり」の声も… キャサリン妃は写真集と動画で“攻め”に転換 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メーガンさんにくすぶる盗作疑惑、「家族を壊してばかり」の声も… キャサリン妃は写真集と動画で“攻め”に転換

多賀幹子AERA
2018年7月、テニス・ウィンブルドン選手権を観戦するメーガンさん(右)とキャサリン妃 (c)朝日新聞社

2018年7月、テニス・ウィンブルドン選手権を観戦するメーガンさん(右)とキャサリン妃 (c)朝日新聞社

(左から)メーガンさんが6月に出す児童書『ザ・ベンチ』/5月7日にキャサリン妃が出版した『HOLD STILL:A Portrait of Our Nation in 2020』

(左から)メーガンさんが6月に出す児童書『ザ・ベンチ』/5月7日にキャサリン妃が出版した『HOLD STILL:A Portrait of Our Nation in 2020』

 英王室のキャサリン妃とメーガンさんが同時期に本を出版する。何かと比較される2人だが、さっそく英国でさまざまな反応が出ている。AERA 2021年5月24日号の記事を紹介する。

【写真】同時期に出版されるメーガンさんの児童書とキャサリン妃の写真集

*  *  *
 4月17日、99歳で逝去したエディンバラ公フィリップ殿下の葬儀が営まれた。葬儀後のキャサリン妃(39)の振る舞いに注目が集まった。礼拝堂から出て歩き始めると、妃はふとヘンリー王子(36)に言葉をかけた。2人の会話にウィリアム王子(38)が加わると、妃は歩みを遅らせて、後ろのソフィー妃に合流した。おかげで確執のさなかにある兄と弟は、顔を合わせて話す機会を得たのだ。キャサリン妃のさりげない心遣いは、「ピースメーカー(平和をもたらそうとする人。仲裁人)」と絶賛された。夫は弟と口も利かない状態がこのまま続くことを本当は望んでいないと推測、場を作ったのだ。「家族をつなぐキャサリン妃。それに比べメーガンさんは家族を壊してばかり」と英国の人びとはメディアにコメントを寄せた。

 メーガンさん(39)は妊娠中で葬儀を欠席したが、フィリップ殿下に花輪を贈った。それには花の説明が添えられていた。殿下の母国ギリシャの国花アカンサスを加えたなど、詳細にわたった。葬儀には親戚などから合計九つの花輪が手向けられたが、公表したのはメーガンさんだけだった。しかも、フローリストをウィロー・クロスリーさんと明かし、結婚式後の披露宴もアーチー君(2)の洗礼式も彼女に依頼したと書き添えた。「メーガンさんは、注目を奪いたくないと言っていたはず。それなら静かにしていて」と批判された。

■父の日に綴った詩

 父の日に向け6月8日に、メーガンさんは児童書『ザ・ベンチ』を出すと5月4日に発表。表紙にはベンチが描かれ、一部公開されたページには、帰還した赤毛の兵士が、男の子を抱き上げる姿が描かれている。家の窓辺に立つ女性はその光景に涙を流している。メーガンさんは、アーチー君が生まれた年の父の日にヘンリー王子に向けて綴った自作の詩がもとになると話した。「父と子の絆を描いた心温まる一冊で、世代を超えて読まれるに違いない」と発売元は力を込める。

 しかし、すぐに「盗作ではないか」との声が上がった。英国の児童作家コーリン・アーヴェリスさんが2018年に出した『The Boy on the Bench(原題)』とそっくりだという。表紙には、父親と男の子がベンチに座る姿が見られる。ベンチを舞台に父親と子どもの絆を描いていて、類似点は多い。メーガンさんは、王室にまだいた19年に雑誌「ヴォーグ」(英国版)のゲストエディターとして表紙のデザインを任された。発売されると、オーストラリアで16年に出版された書籍の表紙とうり二つと指摘された。ともに、何人もの女性の顔が並ぶ図柄だった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい