「経済格差が表れやすい」ランドセル事情 「うちは半額しか用意できない…」と疎外感感じる人も

子育て

2021/04/14 08:00

 我が子に希望のランドセルを購入するための活動「ラン活」。その時期は年々早まっており、中には入学の1年以上前から予約がスタートするブランドも。価格もこの10年で1.5倍になっている。そんな活況にある「ラン活」だが、疎外感を感じている人もいるという。AERA 2021年4月19日号で取材した。

あわせて読みたい

  • 過熱する「ラン活」にモヤモヤ「ここまでやらなくても…」 色選びで「信頼関係崩れたら」と悩む親も

    過熱する「ラン活」にモヤモヤ「ここまでやらなくても…」 色選びで「信頼関係崩れたら」と悩む親も

    AERA

    4/13

    東大卒ママがすすめる子どもの習い事は? ズバリこの2つ!
    筆者の顔写真

    杉山奈津子

    東大卒ママがすすめる子どもの習い事は? ズバリこの2つ!

    dot.

    2/4

  • 小学生に6キロ背負わせる…ランドセルは異常? タブレット、水筒も加わり重量化

    小学生に6キロ背負わせる…ランドセルは異常? タブレット、水筒も加わり重量化

    AERA

    6/25

    パラ「学校連携観戦」に障害ある子の母が本音 「『障害があっても努力で乗り越えられる』と思われると…」

    パラ「学校連携観戦」に障害ある子の母が本音 「『障害があっても努力で乗り越えられる』と思われると…」

    AERA

    9/11

  • 重すぎ・高すぎランドセル アメリカのようにバックパックにしては?と考えた母親が取った行動は
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    重すぎ・高すぎランドセル アメリカのようにバックパックにしては?と考えた母親が取った行動は

    AERA

    6/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す