「米中戦争」勃発したら…米国は勝てない? 日本にも弾道ミサイル攻撃、経済に致命的打撃も

2020/11/29 07:02

 国際関係をかき回したトランプ氏に代わり大統領に就くバイデン氏への期待は高い。だが国内融和のため対中強硬姿勢は避けられず、対立が深刻化する懸念もある。バイデン大統領誕生後の米中関係に注目した、AERA 2020年11月30日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • ADIZでハシゴ外された日本 米国の狙いは

    ADIZでハシゴ外された日本 米国の狙いは

    AERA

    12/18

    田原総一朗「独裁色強める習近平体制。米中対立に日本はどう挑むか」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「独裁色強める習近平体制。米中対立に日本はどう挑むか」

    週刊朝日

    1/12

  • 田原総一朗「米中覇権占う会談 習近平がトランプに花を持たせる理由」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「米中覇権占う会談 習近平がトランプに花を持たせる理由」

    週刊朝日

    6/26

    日豪が「事実上の同盟国」に 議論ないまま訪れる「自衛隊が中国軍から豪州軍を守る日」

    日豪が「事実上の同盟国」に 議論ないまま訪れる「自衛隊が中国軍から豪州軍を守る日」

    AERA

    12/28

  • 岸田政権「求心力」失う一歩か 北京五輪の外交ボイコット「足して2で割る」結論で

    岸田政権「求心力」失う一歩か 北京五輪の外交ボイコット「足して2で割る」結論で

    AERA

    12/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す