低体温症で死亡例も…改善進まぬ日本の避難所 「『大変だから仕方ない』のマインド変えるべき」と専門家

2020/10/04 09:00

 災害大国・日本が抱える差し迫った課題の一つが、災害時の避難所の環境改善だ。災害の多いイタリアでは災害専門の省があり、避難所にはベッドや食堂も備える。翻って日本では、パンやおにぎりの食事が多く、パーティションの中に閉じこもる生活で健康被害のリスクさえある。AERA 2020年10月5日号では、そうした日本の避難所環境の向上を目指す人々を取材した。

あわせて読みたい

  • 2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

    2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

    dot.

    1/3

    温かい食事が当然の海外と雲泥の差…日本の“避難所”事情 海外避難所では不可欠な「TKB」とは?

    温かい食事が当然の海外と雲泥の差…日本の“避難所”事情 海外避難所では不可欠な「TKB」とは?

    AERA

    10/3

  • 【ペットの防災】車中泊や軒先避難のストレス減らす「ペット用トレーラーハウス」とは

    【ペットの防災】車中泊や軒先避難のストレス減らす「ペット用トレーラーハウス」とは

    AERA

    3/18

    新型コロナと自然災害 今こそ確認しておきたい避難方法(第3弾)~在宅避難・避難所編~

    新型コロナと自然災害 今こそ確認しておきたい避難方法(第3弾)~在宅避難・避難所編~

    tenki.jp

    5/20

  • 堀潤 熊本地震現地取材で見えてきた 災害時の「避難」でぶつかる問題とは?

    堀潤 熊本地震現地取材で見えてきた 災害時の「避難」でぶつかる問題とは?

    dot.

    7/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す