友情と愛情の狭間にあるもの グザヴィエ・ドランが繊細に描き出す“青年の心” (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

友情と愛情の狭間にあるもの グザヴィエ・ドランが繊細に描き出す“青年の心”

このエントリーをはてなブックマークに追加
高野裕子AERA
Xavier Dolan/1989年、カナダ・モントリオール生まれ。幼少期から子役として映画やテレビ番組に出演。2009年、半自伝的な映画「マイ・マザー」で監督デビュー。16年、「たかが世界の終わり」でカンヌ国際映画祭グランプリをはじめ、セザール賞最優秀監督賞、最優秀編集賞など多くの映画賞を受賞した (c)2019 9375-5809 QU?BEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

Xavier Dolan/1989年、カナダ・モントリオール生まれ。幼少期から子役として映画やテレビ番組に出演。2009年、半自伝的な映画「マイ・マザー」で監督デビュー。16年、「たかが世界の終わり」でカンヌ国際映画祭グランプリをはじめ、セザール賞最優秀監督賞、最優秀編集賞など多くの映画賞を受賞した (c)2019 9375-5809 QU?BEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

「マティアス&マキシム」/二人の青年の揺れ動く感情の行方は──。9月25日から東京・新宿ピカデリーほか全国公開 (c)2019 9375-5809 QU?BEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

「マティアス&マキシム」/二人の青年の揺れ動く感情の行方は──。9月25日から東京・新宿ピカデリーほか全国公開 (c)2019 9375-5809 QU?BEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

「ある少年の告白」/発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント、価格1429円+税/DVD発売中

「ある少年の告白」/発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント、価格1429円+税/DVD発売中

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

【映画「マティアス&マキシム」の場面写真はこちら】

*  *  *
 19歳の時に「マイ・マザー」(2009年)で監督デビューしたグザヴィエ・ドラン(31)は、これまでに7本の長編映画を発表している、カナダが誇る若手監督だ。複雑な母子関係やゲイとしてのアイデンティティーなど、私的なテーマを見事にスクリーンに焼き付けてきた。

 最新作「マティアス&マキシム」で描くのは、友情と愛情の微妙な関係だ。アルコール依存の母と二人暮らしで、苦労が絶えない青年マキシムをドラン自身が演じる。マキシムは5人の親友に支えられ日々を過ごしていたが、故郷を離れて2年間のオーストラリア移住を決意する。旅立ちが近づいたある日、友達の妹の自主制作映画に出演し、幼なじみの青年マティアスとキスをしたことで、秘めていた愛情が目覚めるのだった。

「男友達の間にある性的な緊張を描いているが、これは男性に限ったことではないと思う。また男性グループの友情だけでなく、母という存在が本作でも重要になったんだ。僕にとって母は重要なテーマ……いや、テーマというのはおかしいな。自分の発端であり、家族であり、人生の一部。逆に父親の存在を作品に入れる必要性を感じたことはないんだ」

 まず、観る人の目に飛び込んでくるのは、マキシムの顔にある大きなあざだ。

「撮影前、顔にあざをつけて町を歩いた。しばらくは人の視線が気になったし、自分でも醜いと感じた。でも、友達がいたことでそれを忘れられた。あざは僕が内部に抱えている傷や恐れを表に出したものなんだ。友情によって守られている」

 過去7本の長編映画は、故郷のモントリオールで、親しい俳優や友人と作り上げた。彼自身の私生活における友情の大切さをこう語る。

「制作する仲間はいつも同じ。愛し尊敬する俳優と一緒にずっと映画を作ってきた。本作にしても『友達と撮影したい』という欲求から生まれた映画だ。友達と一緒にいることで、守られている、安全だと感じるからかもしれない」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい