金原ひとみが新刊で描く、人生の岐路に立つ女たちの「うさんくさく、疑わしい」絆

読書

2020/09/12 17:00

 芥川賞作家・金原ひとみさんが3人の女性を主人公に『fishy』を発表した。現代の生きづらさのなかにある言葉のやりとりが人の闇と光を描き出す。AERA 2020年9月14日号から。

あわせて読みたい

  • 芥川賞同時受賞から13年後、今度は新作を同時発売 金原ひとみと綿矢りさのいま

    芥川賞同時受賞から13年後、今度は新作を同時発売 金原ひとみと綿矢りさのいま

    AERA

    2/3

    金原ひとみ「人はセックスのときにいろいろなことを考えている」 

    金原ひとみ「人はセックスのときにいろいろなことを考えている」 

    週刊朝日

    10/6

  • 不倫女性とサレ妻、嫌いだけど好き…奥深き“女の友情”の世界

    不倫女性とサレ妻、嫌いだけど好き…奥深き“女の友情”の世界

    dot.

    11/27

    「裏表がある」「陰険」は本当なのか?“女友達”という緊張感

    「裏表がある」「陰険」は本当なのか?“女友達”という緊張感

    dot.

    11/24

  • 芥川賞W受賞から13年 綿矢りさ×金原ひとみ対談

    芥川賞W受賞から13年 綿矢りさ×金原ひとみ対談

    週刊朝日

    2/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す