ロックダウンまでに行われた国家の「邪悪」な情報操作【武漢書簡07】 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロックダウンまでに行われた国家の「邪悪」な情報操作【武漢書簡07】

連載「私はウイルス——武漢ロックダウン日記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
李文亮医師は2019年12月30日、同僚に注意を促す微信メッセージを発し、そのため公安局から訓戒処分を受け、中国中央テレビからはデマゴーグと呼ばれた(インターネットから)

李文亮医師は2019年12月30日、同僚に注意を促す微信メッセージを発し、そのため公安局から訓戒処分を受け、中国中央テレビからはデマゴーグと呼ばれた(インターネットから)

「船倉病院」――武漢では病床が不足し、多くの大型体育館内にベッドを並べ臨時の「船倉病院」とした(インターネットから)

「船倉病院」――武漢では病床が不足し、多くの大型体育館内にベッドを並べ臨時の「船倉病院」とした(インターネットから)

 新型コロナウイルスによる肺炎が流行した武漢で、作家の方方氏が発表し続けた日記が世界の注目を集めた。温和で、中国共産党の権威に挑むものではまったくなかったが、流行を食い止められなかったことについて責任を追及する考えを示しただけで、中国国内で2カ月にわたり数千万のネットユーザーの袋叩きに遭い、脅迫を受けた。この「私はウイルス――武漢ロックダウン日記」は、方方氏と同じく武漢で暮らす一般市民の男性「阿坡(A.PO)」が、中国共産党を批判する反省の書として記したものだ。「一人の健全な精神を持つ中国人」として、世界に向けてお詫びの気持ちを示したいという。国内での一報から武漢ロックダウンまでの54日間を振り返った阿坡は、そこに国家の「邪悪」を見る。

【写真】武漢の「船倉病院」とは?

*  *  *

■2020年2月11日 政府のでたらめな操作と、斟酌する私たち(7)

 引き続き2020年に年が変わってからの時系列表を見てみよう。

■1月1日
華南海鮮市場閉鎖
武漢市公安局がデマを広めたとして医師8人を取り調べ

(注:公安局が8人を取り調べる以前に、すでに冷酷な国家マシンが原因不明の肺炎を理由に動きだしていたのは明らか。彼らが真相隠蔽を選んだとしてもなんら驚くに当たらない)

■1月2日
大量の環境衛生要員が華南海鮮市場を徹底清掃
新華病院のCT担当医師がCT異常3例発見

■1月5日
同済病院の救急医師1人にCT異常
武漢市衛生健康委員会が患者59例発表、依然明らかな人から人への感染は未発見、医療スタッフの感染も未発見

(注:現在私たちが理解している新型コロナウイルスの感染力と感染速度からすれば、この59例という数字は絶対にでっち上げと断言できる。再度「人から人への感染は未確認」と強調しているのもパニックの発生を恐れ状況に配慮したものだ。人命に関わる事柄でありながら、「人から人への感染は未確認」という推敲に堪えないフレーズに対し、1000万都市武漢の誰一人として反応を示すことはなかった、私を含めて)


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい