「冬には医療崩壊が起きる」 現場の医師が危惧する重症者が「たらい回し」になる日

新型コロナウイルス

2020/08/19 09:00

 新型コロナウイルスと最前線で対峙して数カ月。医療機関のほとんどがその影響を受け、疲弊している医療者も多い。AERAが実施した医師1335人への緊急アンケートや専門家、現場医師らへの取材から、苦境や課題が見えてきた。AERA 2020年8月24日号から。

あわせて読みたい

  • 行政の要請でコロナ受け入れで赤字 医師「最前線で闘って収入減は許されるのか」

    行政の要請でコロナ受け入れで赤字 医師「最前線で闘って収入減は許されるのか」

    AERA

    8/20

    救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「最も想定外だったこと」とは?

    救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「最も想定外だったこと」とは?

    dot.

    6/26

  • コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    週刊朝日

    12/5

    医師1335人アンケートで見えた いま医師が望む「医療崩壊防止」「新型コロナ対応」策

    医師1335人アンケートで見えた いま医師が望む「医療崩壊防止」「新型コロナ対応」策

    AERA

    8/21

  • 小池百合子都知事の新型コロナ対策「患者受け入れで4000床確保」は現実味なし 

    小池百合子都知事の新型コロナ対策「患者受け入れで4000床確保」は現実味なし 

    週刊朝日

    3/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す