実父からの性暴力さえ無罪に…罪の要件「抗拒不能」の背景にある“男社会の考え方”

2020/06/01 09:00

「魂の殺人」と言われる性暴力。だが現行刑法では、罪の成立には「暴行・脅迫」や「抗拒不能」が要件となる。3月、刑法を見直す議論をするための検討会が立ち上がった。性被害者の視点に立った法整備は進むのか。AERA 2020年6月1日号では、日本の性犯罪をめぐる刑法の現状を取材した。

あわせて読みたい

  • 「イエス」でなければレイプ罪 海外では被害者寄りの制度でも、日本では…

    「イエス」でなければレイプ罪 海外では被害者寄りの制度でも、日本では…

    AERA

    6/1

    未成年女性と無理やり性交も無罪… 被害者が語る刑法の問題点

    未成年女性と無理やり性交も無罪… 被害者が語る刑法の問題点

    dot.

    4/19

  • 一審の無罪判決では「絶望」の声も 実の娘に性的暴行の父親に逆転有罪

    一審の無罪判決では「絶望」の声も 実の娘に性的暴行の父親に逆転有罪

    AERA

    3/17

    伊藤詩織さん民事訴訟で「勝訴」、刑事で「不起訴」はなぜ? 立証のハードル

    伊藤詩織さん民事訴訟で「勝訴」、刑事で「不起訴」はなぜ? 立証のハードル

    AERA

    12/24

  • 就活生への性的暴行で10回逮捕された30代男はどのくらいの罪になるのか? 元裁判官に聞いた

    就活生への性的暴行で10回逮捕された30代男はどのくらいの罪になるのか? 元裁判官に聞いた

    dot.

    10/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す