伝統舞踊の世界が舞台 ジョージアのコンテンポラリーダンサーが表現する、愛の物語 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

伝統舞踊の世界が舞台 ジョージアのコンテンポラリーダンサーが表現する、愛の物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
古谷ゆう子AERA
Levan Gelbakhiani/1997年生まれ。母国ジョージアでコンテンポラリーダンサーとして活動する。映画初出演作である「ダンサー そして私たちは踊った」は、2019年のカンヌ国際映画祭の監督週間に出品され、高い評価を得た。ダンスと演技、両方のキャリアを並行して築き上げている(撮影/今村拓馬)

Levan Gelbakhiani/1997年生まれ。母国ジョージアでコンテンポラリーダンサーとして活動する。映画初出演作である「ダンサー そして私たちは踊った」は、2019年のカンヌ国際映画祭の監督週間に出品され、高い評価を得た。ダンスと演技、両方のキャリアを並行して築き上げている(撮影/今村拓馬)

「ダンサー そして私たちは踊った」/ジョージアの国立舞踊団で練習を重ねるメラブの前に、ある日魅力ある青年が現れる。2月21日から公開 (c)French Quarter Film / Takes Film / Ama Productions / RMV Film / Inland Film 2019 all rights reserved.

「ダンサー そして私たちは踊った」/ジョージアの国立舞踊団で練習を重ねるメラブの前に、ある日魅力ある青年が現れる。2月21日から公開 (c)French Quarter Film / Takes Film / Ama Productions / RMV Film / Inland Film 2019 all rights reserved.

「ポリーナ、私を踊る」/発売・販売元:ポニーキャニオン、価格4700円+税/DVD発売中 (c)2016 Everybody on Deck - TF1 Droits Audiovisuels - UCG Images - France 2 Cinema

「ポリーナ、私を踊る」/発売・販売元:ポニーキャニオン、価格4700円+税/DVD発売中 (c)2016 Everybody on Deck - TF1 Droits Audiovisuels - UCG Images - France 2 Cinema

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

【「ダンサー そして私たちは踊った」の場面写真はこちら】

*  *  *
 映画の冒頭。柔らかく品のある踊りを披露する若きダンサーに対し指導者から怒号が飛ぶ。

「ナヨナヨするな」

「もっと銅像のように」

 こんなにも強さや男らしさを強要するダンスがいまの時代に存在するのか、と胸が締め付けられる。「ダンサー そして私たちは踊った」の主人公メラブが踊るのは、“ジョージアン・ダンス”と呼ばれるジョージアの伝統舞踊。アルバイトをしながら家計を支えるメラブの前にある日、魅力的な青年イラクリが現れ、自然と惹かれ合うようになる。

 メラブを演じるのは、コンテンポラリーダンサーであるレヴァン・ゲルバヒアニ(22)。ジョージアにルーツを持つスウェーデン人監督レヴァン・アキンがインスタグラムを通し彼の存在を知り、オファーを続けた。

「子どもの頃は児童劇団に入っていたから、演技自体には興味があったんだ。活動的だった母がジョージアの劇場で働いていたこともあって、たくさんの舞台も見てきた」

 それでもこのオファーに対し、なかなか首を縦に振れずにいたという。

「理由は、この作品が同性愛をテーマに扱っているから。役を引き受けることで影響を受けるのは、自分だけではないと思った。家族を始めとする周囲にも影響が及ぶかもしれない。それを受け入れるだけの準備が自分はできているだろうか、と考えてしまって」

「資金調達のためにまずは短い映像を」と言う監督の撮影に参加してみたところ、多くの学びを得ることができたので、最終的には役を引き受ける決断をしたという。

 作中では「男らしく」という言葉が多用される。若い世代であっても日々の生活の中で、男性が強い社会だと感じることはあるのか。そう尋ねると、「まさにマッチョ文化が蔓延しているように思う」。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい