育休は経営に効く? “ワンオペ育児”経験した企業トップが語るその効能 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

育休は経営に効く? “ワンオペ育児”経験した企業トップが語るその効能

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮本恵理子AERA#出産と子育て
freee 佐々木大輔さん(39)/第1子が生後3カ月の時、妻の職場復帰に合わせて1週間の育休を経験。その後生まれた第2子についても「いずれ育休を取りたい」と検討中だという(写真:本人提供)

freee 佐々木大輔さん(39)/第1子が生後3カ月の時、妻の職場復帰に合わせて1週間の育休を経験。その後生まれた第2子についても「いずれ育休を取りたい」と検討中だという(写真:本人提供)

第1子誕生から3カ月のうちに2週間の育休を取得する小泉進次郎環境相。国会には出席するなど柔軟な取り方をしている (c)朝日新聞社

第1子誕生から3カ月のうちに2週間の育休を取得する小泉進次郎環境相。国会には出席するなど柔軟な取り方をしている (c)朝日新聞社

 小泉進次郎環境相の育休取得で改めて注目されるようになった、男性の育休。実は企業のトップたちはすでに実践しており、育休がもたらす仕事への好影響も実感しているという。AERA 2020年2月3日号では、育休取得が与える影響について取材した。

【写真】2週間の育休を取得する小泉進次郎環境相

*  *  *
 小泉進次郎環境相(38)が第1子の誕生を受け、男性閣僚として初の育児休暇に入った。産後3カ月のうちに通算2週間の育休を取得する計画で、国会審議や閣議には出席、大臣としての決裁事務も続けるという。

 この育休で、どれだけ育児が担えるかはわからないが、大臣という国の組織のトップが育休を取ることは、男性の育休取得が進まない日本に追い風となるだろう。一方で、「大臣の仕事はそんなに甘くない」といった批判も聞かれる。

 だが、イマドキの経営者は、ごく自然に育休を取る人が増えている。

 昨年末に上場を果たしたクラウド会計のfreee。そのCEO佐々木大輔さん(39)が育休を取得したのは、3年半ほど前、第1子となる長女が生まれて3カ月たった頃だった。妻が早期の職場復帰を果たすため、保育園入園までの期間を「パパの育休」でカバーすることにした。

「たった1週間でしたが、学びだらけでした。育休に入る前は、『子どもを寝かしつけたら本でも読めるかな』と思っていましたが、そんな余裕は全くなし(笑)。泣いてる理由がわからず、僕が泣きそうになることも。ワンオペ育児はまさに孤軍奮闘であり、予期せぬアクシデントの連発でしたね。ここまで大変なのかと身をもって体験できたことは、その後の組織づくりにも強く影響しました」

 トップが育休を取ったことで、同社の男性社員の意識も変化した。CEOに続いてCTO(最高技術責任者)の男性が1カ月の育休を取得し、現在までの男性育休取得者数は26人に。「子どもを授かれば、男女問わず育休を取るのが当たり前」の空気が生まれ、社内SNSでは「オムツのテープタイプを買ってしまいました。うちはパンツ派なので、Lサイズいる方、差し上げます!」「いただきます!」といった投稿が、社員同士で交わされることが日常茶飯事になった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい