週5労働なのに「3日と申告しろ」 「無給医」にかかる圧力と日本の医療危機とは

2020/01/27 08:00

 研修医や大学院生が日常的に無給で診療を行う「無給医」が問題になっている。全国の無給医は少なくとも2千人以上にのぼるという。AERA 2020年1月27日号から。

あわせて読みたい

  • もはや奴隷労働「医師としての人権も尊厳もない」 2千人超える「無給医」の実態

    もはや奴隷労働「医師としての人権も尊厳もない」 2千人超える「無給医」の実態

    AERA

    1/27

    コロナ診療最前線で追い詰められる無給医たち 「大学病院やめるしかない」

    コロナ診療最前線で追い詰められる無給医たち 「大学病院やめるしかない」

    AERA

    5/14

  • 「危ない病院」の見分け方 勤務医の4割が“過労死ライン”超え の実態

    「危ない病院」の見分け方 勤務医の4割が“過労死ライン”超え の実態

    週刊朝日

    9/13

    30代で「脱医局」の変革 純粋培養の「エリート」から脱却する医師たち

    30代で「脱医局」の変革 純粋培養の「エリート」から脱却する医師たち

    AERA

    2/26

  • 「無給医」週7日出勤で月額3万円 多忙による婚約破棄に自殺も…過酷すぎる現実

    「無給医」週7日出勤で月額3万円 多忙による婚約破棄に自殺も…過酷すぎる現実

    AERA

    2/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す