「彼も人の子 心がほどけるかもしれない」 植松被告にやまゆり園の遺族の思いは届くのか

AERAオンライン限定

2020/01/08 18:00

 朝から冷たい雨が降る1月8日、知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」で45人を殺傷し、殺人罪などに問われた元職員植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判の初公判が横浜地裁で始まった。

あわせて読みたい

  • 相模原障害者施設19人殺害事件 この狂気を生んだものは何だったのか

    相模原障害者施設19人殺害事件 この狂気を生んだものは何だったのか

    AERA

    8/2

    植松被告は優生思想もヘイトクライムも知らなかった やまゆり園事件から2年

    植松被告は優生思想もヘイトクライムも知らなかった やまゆり園事件から2年

    AERA

    7/19

  • 相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    AERA

    10/12

    やまゆり園事件から2年 入所者の親らが投げかける「事件の本質」とは?

    やまゆり園事件から2年 入所者の親らが投げかける「事件の本質」とは?

    AERA

    7/19

  • 獄中で植松被告が語った反省なき「障がい者不要論」 やまゆり園殺傷事件から3年

    獄中で植松被告が語った反省なき「障がい者不要論」 やまゆり園殺傷事件から3年

    週刊朝日

    7/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す