世界は「竹内まりや」が好きだった! 山下達郎、永井博…シティ・ポップの進化

シティ・ポップ

2019/12/23 08:00

 1970、80年代の都会的で洗練された日本産の音楽「シティ・ポップ」が当時を知らない国内の若い世代だけでなく、海外でも人気になっている。音楽やアートがつむぎ出す「懐かしさ」の正体とは。

あわせて読みたい

  • 「株式会社竹内まりや」を分析する夫・達郎がすごかった
    筆者の顔写真

    矢部万紀子

    「株式会社竹内まりや」を分析する夫・達郎がすごかった

    dot.

    10/7

    デジタル時代に売れ続ける「アナログレコード」 生活を豊かにする「魅力」を次世代に

    デジタル時代に売れ続ける「アナログレコード」 生活を豊かにする「魅力」を次世代に

    AERA

    5/22

  • 松原みき「真夜中のドア~stay with me」なぜ今話題に? 世界のシティ・ポップ・ファンに愛されたアンセム<コラム>

    松原みき「真夜中のドア~stay with me」なぜ今話題に? 世界のシティ・ポップ・ファンに愛されたアンセム<コラム>

    Billboard JAPAN

    12/10

    デジタル配信より音がいい? アナログレコード人気再燃

    デジタル配信より音がいい? アナログレコード人気再燃

    AERA

    5/27

  • 音楽家・坂東祐大 自分が生きる“時代性”を考えながら10年、20年先に残る音楽を

    音楽家・坂東祐大 自分が生きる“時代性”を考えながら10年、20年先に残る音楽を

    AERA

    1/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す