世界は「竹内まりや」が好きだった! 山下達郎、永井博…シティ・ポップの進化 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

世界は「竹内まりや」が好きだった! 山下達郎、永井博…シティ・ポップの進化

このエントリーをはてなブックマークに追加
松永良平AERA
イラストレーターの永井博さんのアトリエで。手がけた「Pacific Breeze」のジャケットが米国で「Best Illustrated Vinyl LP」を受賞(撮影/岸本絢)

イラストレーターの永井博さんのアトリエで。手がけた「Pacific Breeze」のジャケットが米国で「Best Illustrated Vinyl LP」を受賞(撮影/岸本絢)

「フェイスレコード」ニューヨーク店は、多くのヒップホップ・アーティストを生んだブルックリン地区にある。いまや日本盤レコードを探してDJらが同店を訪れる(写真/フェイスレコード提供)

「フェイスレコード」ニューヨーク店は、多くのヒップホップ・アーティストを生んだブルックリン地区にある。いまや日本盤レコードを探してDJらが同店を訪れる(写真/フェイスレコード提供)

これぞシティ・ポップな名盤5枚(AERA 2019年12月23日号から)

これぞシティ・ポップな名盤5枚(AERA 2019年12月23日号から)

 1970、80年代の都会的で洗練された日本産の音楽「シティ・ポップ」が当時を知らない国内の若い世代だけでなく、海外でも人気になっている。音楽やアートがつむぎ出す「懐かしさ」の正体とは。

【竹内まりや、大貫妙子、佐藤博…シティ・ポップのオススメ5枚はこちら!】

*  *  *
 韓国・ソウルにある音楽バー「マンピョン」に、多くの若者が集っていた。重低音が響くなかで流れているのは日本語の曲。1984年リリースの竹内まりやの曲「プラスティック・ラブ」だ。その原曲から、山下達郎による同曲のライブバージョンが続けて流れると、若い男性客が感極まって曲に合わせて歌いだした。自身もDJをしているというその男性は、このイベント「From Midnight TOKYO」の常連。大橋純子の「クリスタル・シティー」(77年)が流れると即座に反応していた。

 このイベントの主催は、現地でミュージシャンとしても精力的に活動する長谷川陽平さん。日本と韓国のポップシーンを橋渡しする重要な存在で、この10月のイベントで34回目を数える。客の多くは、ソウル在住の韓国人の若者だ。

 シティ・ポップ。

 主に70年代後半から80年代にかけてリリースされた楽曲で、たとえば山下達郎や竹内まりやの当時の曲が、いま世界的に人気だ。洋楽に影響を受けながらも、日本独自のアレンジが加わった曲が、シティ・ポップとして評価されている。

 だが、決まったスタイルのサウンドがなく、ひと口に「海外で人気が高い」といっても、実はその国ごとの状況や感覚によって人気の曲が異なるというのも、この現象の面白さだ。そもそもシティ・ポップとは、本来英語圏では意味が通じないはずの和製英語だった。比較的早くからダンスナンバーとして山下達郎の曲などが人気だったイギリスでは、「J・レアグルーブ」「J・ブギー」などと紹介されていた。

 それがどうだ。今やシティ・ポップという言葉は世界的に認知されている。意味が通る通らないではなく、その言葉でないと探せないタイプのレコードがあるとファンは察知している。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい