「ずっと恩返しがしたかった」小児医療への寄付が持つ金額以上の価値

2019/12/13 08:00

 小児医療の現場を寄付が支えている。集まったお金で必要な備品などを購入したり、子どもたちを喜ばせる品物を揃えたり。寄付した側も幸せになる。笑顔の連鎖があった。AERA 2019年12月16日号では、寄付の持つ力に迫る。

あわせて読みたい

  • 小児医療の現場で寄付の呼び掛け増加 クラウドファンディングでドクターカー

    小児医療の現場で寄付の呼び掛け増加 クラウドファンディングでドクターカー

    AERA

    12/13

    給付金一部でも寄付「2割強」一方、寄付先わからない声も…どう選べばいい?

    給付金一部でも寄付「2割強」一方、寄付先わからない声も…どう選べばいい?

    AERA

    6/22

  • 「遺贈寄付」が増加傾向 関心が高まる背景は?

    「遺贈寄付」が増加傾向 関心が高まる背景は?

    週刊朝日

    11/30

    クリスマスは寄付の時期 「できる範囲で」「自分のために」が徹底しているアメリカの寄付活動
    筆者の顔写真

    大井美紗子

    クリスマスは寄付の時期 「できる範囲で」「自分のために」が徹底しているアメリカの寄付活動

    AERA

    12/1

  • コロナ禍で増える「趣味や生活を守る」寄付 なじみのない人も「みんながダメージ実感」し行動へ

    コロナ禍で増える「趣味や生活を守る」寄付 なじみのない人も「みんながダメージ実感」し行動へ

    AERA

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す