米大学で「資産運用」で基金10倍も 日本でも必要とされるワケ

2019/10/20 07:00

 重要性が増す大学の資産運用。その実態を、約20年にわたり大学経営の調査にかかわっている野村証券の片山英治主任研究員(52)に聞いた。AERA 2019年10月21日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 大学も資産運用を本格化 米国の成功例に倣うも…課題は?

    大学も資産運用を本格化 米国の成功例に倣うも…課題は?

    AERA

    11/3

    対照的な早慶の経営 資産運用に乗り出す早稲田 慶應は「社中協力」で寄附金集め

    対照的な早慶の経営 資産運用に乗り出す早稲田 慶應は「社中協力」で寄附金集め

    AERA

    10/23

  • ICU学生1人に赤字200万円も…高い「資産運用力」で補填の歴史

    ICU学生1人に赤字200万円も…高い「資産運用力」で補填の歴史

    AERA

    10/19

    33私大の「経営力」を丸裸に 健全性は帝京、資産運用力と成長性は東京理科

    33私大の「経営力」を丸裸に 健全性は帝京、資産運用力と成長性は東京理科

    AERA

    10/18

  • 初心者に自動で最適な資産運用をしてくれるロボアドって?

    初心者に自動で最適な資産運用をしてくれるロボアドって?

    AERA

    10/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す