内田也哉子、17歳のとき夫・本木雅弘に買ってもらったコム・デ・ギャルソンに母を見た

2019/10/11 11:30

 母はものを極力持たず、あるもののなかで工夫するのが好きでした。10歳のとき、母とエジプトを旅行する番組に出たことがあります。「今日はこの(お下がりの)赤いトレーナーにしたら」と母が言い、着ると「あらっ。なんかバランスが悪いわね」。そう言うや、右腕の袖をじょぎじょぎ切り落としました。それで「切った袖を右足に通しなさい」と。ロールしてジーンズの膝下あたりにバンドみたいにしたら、共布のアクセントになり「いいんじゃない」と満足げでした。

 ほかにも、カーディガンの袖に足を通してぐしゅぐしゅっとベルトで留めてサルエルパンツ風にしてみたり。スカートがなにか物足りないからと「ここに絵を描きなさい」と言われたこともあります。

 与えられたものをそのまま着るのではなく、どうしたら心地よく、自分のスタイルに合うか。創意工夫するプロセスが楽しい。納得のいく落としどころを見つけたときが至福のとき、と母は語っていました。

 古着を好んで着ていたのも、人の手を経ることによって生まれる風合いに魅力を感じていたからです。

(構成/編集部・石田かおる)

AERA 2019年10月14日号より抜粋

AERA (アエラ) 2019年 10/14 号【表紙:中川大志】 [雑誌]

朝日新聞出版

amazon
AERA (アエラ) 2019年 10/14 号【表紙:中川大志】 [雑誌]
1 2

あわせて読みたい

  • 樹木希林が死の直前に「死なないで。どうか生きて」と言った意味 内田也哉子が母から引き継いだもの

    樹木希林が死の直前に「死なないで。どうか生きて」と言った意味 内田也哉子が母から引き継いだもの

    週刊朝日

    9/11

    モックンの長男「UTA」とキムタクの次女「koki」が親と違う職業を選ぶ本気度

    モックンの長男「UTA」とキムタクの次女「koki」が親と違う職業を選ぶ本気度

    週刊朝日

    7/2

  • 母・樹木希林から受け継いだ言葉術” 内田也哉子が語る「言葉は音楽」

    母・樹木希林から受け継いだ言葉術” 内田也哉子が語る「言葉は音楽」

    AERA

    10/13

    母・樹木希林の晩年の願いは「自分が死んでいく姿を見せたい」内田也哉子が語る

    母・樹木希林の晩年の願いは「自分が死んでいく姿を見せたい」内田也哉子が語る

    週刊朝日

    9/11

  • 「父は必要なカオスだった」もがき苦しんだ家族関係…内田也哉子が明かす

    「父は必要なカオスだった」もがき苦しんだ家族関係…内田也哉子が明かす

    AERA

    10/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す