米の有志連合構想は“虫のよい案”「ホムルズ海峡問題」の背景とは?

2019/08/03 17:00

 7月19日、米国はワシントンに60カ国以上の外交官らを招いた。目的は、ホルムズ海峡などの安全確保のための有志連合「海洋安全保障イニシアチブ」について説明することだ。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す