クラゲと間違えてプラごみを食べてしまうオサガメ 大絶滅の原因は“人間”

朝日新聞出版の本

2019/06/13 14:00

 地球上に生命が誕生して約40億年。いまは、第6回目の生物の大絶滅期にあたる。これまでは火山活動や隕石の衝突など自然の大きな変化が原因だった。だが現在起きている絶滅の原因は“人間”だ。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説する、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』6月号は、「絶滅危惧種からのSOS」を特集。そのなかに掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • ニホンウナギ、ジュゴン、ヤンバルクイナ… 日本にいる絶滅危惧種って?

    ニホンウナギ、ジュゴン、ヤンバルクイナ… 日本にいる絶滅危惧種って?

    AERA

    6/13

    意外なあの動物もレッドリストに? 絶滅危惧種と侵略的外来種の今

    意外なあの動物もレッドリストに? 絶滅危惧種と侵略的外来種の今

    dot.

    11/19

  • マンボウが絶滅危惧種に !! 原因は “混獲” か ?

    マンボウが絶滅危惧種に !! 原因は “混獲” か ?

    tenki.jp

    11/30

    海水温の上昇で「ホッケ」が獲れない?! 庶民の魚が高級魚に。動物園のエサも困った!!

    海水温の上昇で「ホッケ」が獲れない?! 庶民の魚が高級魚に。動物園のエサも困った!!

    tenki.jp

    12/27

  • 小島慶子「キタシロサイのオスだけじゃない!温暖化で加速する絶滅危機」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「キタシロサイのオスだけじゃない!温暖化で加速する絶滅危機」

    AERA

    4/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す