田中圭×木村佳乃ゴジラ吹き替えで共演 田中が「つらかった」と振り返る理由 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田中圭×木村佳乃ゴジラ吹き替えで共演 田中が「つらかった」と振り返る理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
田中圭(たなか・けい、右):1984年生まれ、東京都出身。2003年、ドラマ「WATER BOYS」に出演以降、多くのドラマや舞台、映画で活躍。8月23日公開の映画「劇場版おっさんずラブ」に出演。現在はドラマ「あなたの番です」に出演中/木村佳乃(きむら・よしの):1976年生まれ、東京都出身。96年女優デビュー。以降、ドラマや映画、舞台などで活躍。現在NHK「所さん!大変ですよ」にMCとして出演中。映画「記憶にございません!」が9月13日に公開予定[撮影/加藤夏子、hair & make up 高橋里帆(HappyStar)、styling 中井綾子(crepe)、costume ヌメロ ヴェントゥーノ、タサキ(すべて木村さん)、hair & make up 花村枝美(MARVEE) styling 岡部美穂 costume COS(すべて田中さん)]

田中圭(たなか・けい、右):1984年生まれ、東京都出身。2003年、ドラマ「WATER BOYS」に出演以降、多くのドラマや舞台、映画で活躍。8月23日公開の映画「劇場版おっさんずラブ」に出演。現在はドラマ「あなたの番です」に出演中/木村佳乃(きむら・よしの):1976年生まれ、東京都出身。96年女優デビュー。以降、ドラマや映画、舞台などで活躍。現在NHK「所さん!大変ですよ」にMCとして出演中。映画「記憶にございません!」が9月13日に公開予定[撮影/加藤夏子、hair & make up 高橋里帆(HappyStar)、styling 中井綾子(crepe)、costume ヌメロ ヴェントゥーノ、タサキ(すべて木村さん)、hair & make up 花村枝美(MARVEE) styling 岡部美穂 costume COS(すべて田中さん)]

田中圭(たなか・けい、右):1984年生まれ、東京都出身。2003年、ドラマ「WATER BOYS」に出演以降、多くのドラマや舞台、映画で活躍。8月23日公開の映画「劇場版おっさんずラブ」に出演。現在はドラマ「あなたの番です」に出演中/木村佳乃(きむら・よしの):1976年生まれ、東京都出身。96年女優デビュー。以降、ドラマや映画、舞台などで活躍。現在NHK「所さん!大変ですよ」にMCとして出演中。映画「記憶にございません!」が9月13日に公開予定[撮影/加藤夏子、hair & make up 高橋里帆(HappyStar)、styling 中井綾子(crepe)、costume ヌメロ ヴェントゥーノ、タサキ(すべて木村さん)、hair & make up 花村枝美(MARVEE) styling 岡部美穂 costume COS(すべて田中さん)]

田中圭(たなか・けい、右):1984年生まれ、東京都出身。2003年、ドラマ「WATER BOYS」に出演以降、多くのドラマや舞台、映画で活躍。8月23日公開の映画「劇場版おっさんずラブ」に出演。現在はドラマ「あなたの番です」に出演中/木村佳乃(きむら・よしの):1976年生まれ、東京都出身。96年女優デビュー。以降、ドラマや映画、舞台などで活躍。現在NHK「所さん!大変ですよ」にMCとして出演中。映画「記憶にございません!」が9月13日に公開予定[撮影/加藤夏子、hair & make up 高橋里帆(HappyStar)、styling 中井綾子(crepe)、costume ヌメロ ヴェントゥーノ、タサキ(すべて木村さん)、hair & make up 花村枝美(MARVEE) styling 岡部美穂 costume COS(すべて田中さん)]

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は全世界公開中。日本語吹き替え版に、木村佳乃、田中圭、芦田愛菜が声で出演した (c)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は全世界公開中。日本語吹き替え版に、木村佳乃、田中圭、芦田愛菜が声で出演した (c)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

田中:興奮しました。子どもの頃は、ゴジラの「VSシリーズ」を見ていたし、おもちゃで遊ぶ中では「キングギドラ」が一番好きだった。今回、特に圧倒されたのは、キングギドラの覚醒と、世界中の怪獣たちが次々に登場して戦うシーン。フィクションとわかっているんだけど、リアリティーが感じられるんです。「こいつら何考えているんだろう」と怪獣目線で考えるのもおもしろかった。人間にとってゴジラとは何か、ゴジラにとって人間とは何かを考えてみても、おもしろいんじゃないかな。

木村:ゴジラは単なる怪獣映画じゃなくて、すごく深いんです。今作では家族間や夫婦間のドラマも骨太に描かれているから、幅広い層に響くのでは。登場人物は、みんな考えは違ってもそれぞれの信念で動いている。メッセージ性の強い日本生まれのゴジラが、アメリカでリメイクされて世界に発信されることも、感慨深いですよね。

──映画にドラマに引っ張りだこのお2人ですが、家庭ではそれぞれ2人の子どものお父さんと、お母さんでもあります。どう切り替えていますか?

木村:ドラマで強烈な役柄を演じていても、家に帰るとスイッチを切り替えざるを得ないんです。2人の娘がいるし、買い物にも行かないといけないし、物理的にやることが多いから。でも家事をしながら、明日はあのシーンがあるからこう演じようとか、役のことはどこかでずっと考えています。

田中:ママも女優さんもやるって、本当にすごいですよ。僕はパパだけど、うちの場合は家の仕事は嫁、外の仕事は僕、と完全に担当が分かれている。僕には両立は無理かな。

木村:働くママはみんなそうだと思うけど、自分の体調管理が一番大切になってくるんです。大きい仕事がある時に限って子どもがインフルエンザになったりして。もう、気合で頑張るしかない。圭くんはどこでせりふを覚えてるの?

田中:長ぜりふの場合は集中して覚えるんですけど、基本的にはお風呂場とか移動中の車とか、どこか適当な場所です。家で子どもたちが絡んできて、「今は台本読めないな」というとき以外は、どんな環境でも覚えられるほうですね。

木村:わかる、そうなるよね! 家で集中してせりふを覚えているときに、子どもに台本を踏まれたりして。家では、どんなお父さんなの?

田中:このまんま、家でも変わらないです。上の子どもが小学校2年生で、僕とダメなところまで似ていて。ついついきつくなって、嫁に怒られています。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい