川崎殺傷事件“自爆テロ型”にどう対処する? 子どもを守る新たな方策

2019/06/03 17:09

 カリタス小学校の児童らが刃物で次々に襲われ、犯人も自殺した事件。「附属池田小事件」以降進められてきた安全への取り組みは、被害を防げなかった。子どもを守る方策は。新たな発想が必要だ。

あわせて読みたい

  • 小学校の「正門前」は盲点? 練馬の児童切りつけ事件

    小学校の「正門前」は盲点? 練馬の児童切りつけ事件

    AERA

    7/2

    川崎殺傷事件、岩崎容疑者に起きた犯行“4カ月前の異変”とは?

    川崎殺傷事件、岩崎容疑者に起きた犯行“4カ月前の異変”とは?

    AERA

    6/3

  • 大阪・附属池田小学校事件の被害者が語る宅間守元死刑囚と川崎19人殺傷の岩崎容疑者との共通点

    大阪・附属池田小学校事件の被害者が語る宅間守元死刑囚と川崎19人殺傷の岩崎容疑者との共通点

    週刊朝日

    5/30

    川崎19人殺傷事件 怒りが「置き換え」によって子どもたちに向けられた 精神科医が分析

    川崎19人殺傷事件 怒りが「置き換え」によって子どもたちに向けられた 精神科医が分析

    dot.

    5/31

  • ヒーロー意識か 相模原殺人と附属池田小事件、秋葉原事件の共通点

    ヒーロー意識か 相模原殺人と附属池田小事件、秋葉原事件の共通点

    週刊朝日

    8/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す