「絶望」のアンソロジー 「偏った読書傾向」の人が推薦した作品で構成

読書

2019/05/09 17:00

 頭木弘樹さんによる『絶望書店 夢をあきらめた9人が出会った物語』は、古今東西から「夢のあきらめ方」にまつわる物語を集めたアンソロジーだ。頭木さんに、同著に込めた思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 難病患って気づいた「絶望した人の言葉」の力 文学紹介者・頭木弘樹<現代の肖像>

    難病患って気づいた「絶望した人の言葉」の力 文学紹介者・頭木弘樹<現代の肖像>

    AERA

    5/26

    村上春樹ライブラリー館長の「音楽を聴くように読む」「映画を見るように読む」本

    村上春樹ライブラリー館長の「音楽を聴くように読む」「映画を見るように読む」本

    AERA

    11/5

  • 心が折れそうなとき「悲しみに寄り添ってくれる本」10選

    心が折れそうなとき「悲しみに寄り添ってくれる本」10選

    AERA

    10/13

    意外な一冊?伊坂幸太郎か、バックパッカーの神様か、野村克也か…目きき書店員のイチオシ

    意外な一冊?伊坂幸太郎か、バックパッカーの神様か、野村克也か…目きき書店員のイチオシ

    週刊朝日

    8/10

  • 食べることと出すこと

    食べることと出すこと

    週刊朝日

    11/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す