ずりばいも寝返りも発達はそれぞれ 子育てで大事なのは「比較しない」

現役保育士が指南! 赤ちゃんはやわじゃない

AERAオンライン限定

2019/05/11 11:30

 赤ちゃんは生まれたての時、「おなかがすいた」「眠たい」「おしっこが出た」など生理的欲求を訴え泣きます。生まれた直後には、よく泣く子、あまり泣かない子という個性はあるものの、目に見えた発達の大きな違いはありません。しかし月齢を重ね、保育所や子育てサークルなどの集団生活を経験すると「〇〇ちゃんは寝返りができているのに、うちの子はまだできない」などの発達のスピードに違いを感じ、心配することがあるのではないでしょうか? 今回は、子どもの発達について考えます。

あわせて読みたい

  • 「言葉が遅い?」と心配な時 赤ちゃんの言葉を引きだす5つの方法
    筆者の顔写真

    中田馨

    「言葉が遅い?」と心配な時 赤ちゃんの言葉を引きだす5つの方法

    AERA

    10/5

    低出生体重児の成長も祝福を 発達の個人差を考慮した「新しい母子手帳」への動き

    低出生体重児の成長も祝福を 発達の個人差を考慮した「新しい母子手帳」への動き

    AERA

    11/18

  • 「高橋たかお先生のなんでも相談室」 子どもにとって「生まれてから12か月」が意味すること

    「高橋たかお先生のなんでも相談室」 子どもにとって「生まれてから12か月」が意味すること

    出産準備サイト

    3/2

    学習効果は期待できない? 専門家が指摘する”0歳教育”の本当の話

    学習効果は期待できない? 専門家が指摘する”0歳教育”の本当の話

    出産準備サイト

    7/11

  • 1歳を過ぎたけど歩かない… 心配するより親ができる魔法の遊び
    筆者の顔写真

    中田馨

    1歳を過ぎたけど歩かない… 心配するより親ができる魔法の遊び

    AERA

    1/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す