「東証1部」1千社に剥奪危機…上場企業の過剰なぜ不都合?

2019/04/03 11:30

 東京証券取引所が、4区分ある一般投資家向け株式市場の再編を検討している。最上位である東証1部の基準の引き上げや、新興企業向け市場であるジャスダックとマザーズの併存解消などが柱だ。議論の行方次第では、一流企業の証しとされてきた「東証1部上場」の金看板を1千超の企業が失う可能性がある。性急な再編は、株価暴落の引き金にもなりかねない。

あわせて読みたい

  • 「東証一部」足切りは時価総額「250憶円」? 市場は疑心暗鬼

    「東証一部」足切りは時価総額「250憶円」? 市場は疑心暗鬼

    AERA

    4/3

    活況な投資市場 初心者が狙うは新興株の市場変更

    活況な投資市場 初心者が狙うは新興株の市場変更

    週刊朝日

    2/1

  • 郵政関連株上場の空騒ぎ 好発進は“出来レース”

    郵政関連株上場の空騒ぎ 好発進は“出来レース”

    週刊朝日

    11/11

    「日経225」「TOPIX」「JPX400」日本株投信、優秀なのはどれだ?

    「日経225」「TOPIX」「JPX400」日本株投信、優秀なのはどれだ?

    AERA

    10/17

  • 「一風堂」株で老後資金を!? 株未経験者は何を買うべきか

    「一風堂」株で老後資金を!? 株未経験者は何を買うべきか

    週刊朝日

    2/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す