「737MAX」連続墜落の原因は最新システム「MCAS」が有力

2019/03/16 18:12

 相次ぐ墜落事故を受け、各国が運航を停止したボーイング737MAX。詳しい調査はこれからだが、パイロットの操縦を支援する「MCAS」というシステムが原因との見方が有力になっている。

あわせて読みたい

  • 自衛隊墜落ヘリは、10年間で40件事故が相次いだボーイング製

    自衛隊墜落ヘリは、10年間で40件事故が相次いだボーイング製

    dot.

    2/6

    LCCで搭乗日誌書き換え、破り捨て…価格競争のリスク

    LCCで搭乗日誌書き換え、破り捨て…価格競争のリスク

    AERA

    2/17

  • 「準国産」B787型機のトラブルは5年前に予見されていた

    「準国産」B787型機のトラブルは5年前に予見されていた

    週刊朝日

    1/23

    日航機墜落現場に派遣された米国事故調査官の手記「修理ミスを発見」

    日航機墜落現場に派遣された米国事故調査官の手記「修理ミスを発見」

    週刊朝日

    8/12

  • 専門家も「ありえない」 陸自ヘリ墜落事故の異例さ

    専門家も「ありえない」 陸自ヘリ墜落事故の異例さ

    AERA

    2/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す